XMのMT4をインストールしてログインしようとしたけれど

サーバーのアカウントがプルダウンリストから見当たらない・・

 

というトラブル、初心者の方はけっこう遭遇するかと思います。

 

実はこれ、カンタンな方法で解消することができるんです。

 

この記事では、MT4のログイン時にサーバーが見当たらない時の

対処法について解説していきます。

 

 

 

MT4のサーバーが見当たらない理由

 

MT4は口座開設時に、割り振られたサーバーアカウントで

ログインをしますがそのアカウントが見つからないことがあります。

 

これはエラーというわけではなく、サーバーリストが古く更新されていないから

というのが理由です。

 

なので、サーバーリストを新しいものに更新する作業をすれば

OKです。

 

MT4を初めて使った方は最初ビックリしてしまうかもしれません。

ちなみにMT4は複数のFX会社が採用しているプラットフォーム。

 

もともとMT4を使っていて、XMにFXの会社を変えて新たにログインし直すことも

あると思います。

 

そういった場合にもこの作業は有効なので、

ぜひやり方を覚えてくださいね。

 

新しいサーバーリストに更新する手順

 

まず、XMの口座を開設したときに届いたメールを開封し

サーバーアカウントを確認します。

 

 

 

今回のサーバーアカウントはXMTrading-Real 7で手順を進めていきます。

ログイン画面に行くと、サーバーアカウントのXMTrading-Real7が見つかりません。

 

 

 

自分が割り当てられたサーバーアカウントが見つからない場合

サーバーリストを更新する必要があります。

 

MT4の起動後、ファイルから取引デモ口座の申請を選択してください。

 

 

そうすると、取引サーバーというウインドウが現れます。

 

そこで、「新しいブローカを追加します」という文言の隣の➕ボタンをクリックすると

検索ボックスが出てきます。

 

その中に、自分が割り当てられたサーバーアカウントを入力し(ここではXMTrading-Real 7)

スキャンを押します。

 

すると、サーバーアカウントがずらっと出てくるので

自分の割り振られたアカウントを見つけたらそれを選択し

「次へ」ボタンを押してください。

 

 

すると、再度ログイン画面に行きます。

この時、すでにサーバーアカウントは選ばれた状態。

 

ログインIDとパスワード(XM口座にログインするのと同じです)を入力したら

完了ボタンを押したらログイン成功です!

 

 

次回のログインからはもうスキャンするような作業は必要なく

自動でログインされている状態となります。

 

MT4へのログインができたら、どんどん自分好みにカスタマイズしていってください!