ドル安続くか?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年6月1日

目安時間:約 6分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

最近為替のほうの調子がいまいちですが、その分原油と株式指数でカバーしている感じです。

かといってそちらに重心を移すというよりはいままで通り平均して取引をしていきたいと思ってます。

 

 

私の場合、スワップの付かない口座を使っているのですが株式指数の場合のみ「配当」という形でときおり入ってきます。

プラススワップが嬉しいというのを久々に感じております。

お小遣いをもらっているような気持になります。

 

 

 

スワップ両建てトレード方法

 

 

過去には私もスワップの付く通常口座を使っていたのですが、その時はGEMFOREXという業者で両建てトレードしてました。

リピート系のEAを作って、売りも買いも回してそこそこのプラス(年利換算で20%くらいだと思います)だったと思います。

 

 

本日のスワップを確認しましたが、EURUSDとUSDJPYの2通貨が売りも買いもプラススワップになっています。

 

 

通貨ペア ロングスワップ ショートスワップ
EURUSD 0.24700 0.25300
USDJPY 0.21300 0.28700

 

 

 

 

 

もしご興味あればこちらから口座開設していただいた方にEA作成しますので一番下のお問合せフォームからご連絡くださいませ。

(ツイッターでよくある無料EA系のお誘いみたいですね笑)

 

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測をしてみます

 

 

今週の発生予測

 

20200601 勝ちパターン発生予測

 

20200601 勝ちパターン順位表

 

 

 

今週は少し今までお見せしてなかったところをお見せしています。

毎週毎週これをやって、自分で考えてやってみて確認して修正するといったPDCAを回しているような感じです。

 

仕事みたいですね?

 

そうなんです、FXって周りがプロばっかりなんで常に学んで考えてを繰り返さないといけないんです。

 

 

でもそれをやったとしても会社で働くよりはずっと短時間で済みますし

その時間をバイトに充てたよりもずっと多くの収入になるチャンスもあります。

 

 

リスクを減らすやり方も覚えたらきっと資産を増やすことができると思います。

 

是非皆様もやってみてくださいね。

 

 

 

今週の注目通貨

 

ドルインデックスをみると下落傾向が強まっていることがわかります。

日足でPT2売りっぽいですね。

 

 

 

 

ドルフランの日足も似たような形でPT2売り発生しそうです。

戻してその上のトレンドラインから売ってくのもいいですね。

 

 

 

ポンド豪ドルも注目しています。

 

日足PT1買いを待っているのですが、4時間足のTL超えあたりから入ってもいいですね。

 

順位表をみていただくとわかりますがポンドが最弱、豪ドルが最強だったので巻き返しは大きくなるのかな?とも思います。

勝率も少し低めになるかと思うのでくれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

 

 

 

 

保護中: [ご購入者様限定]バンドウォーク終了をお知らせするインジケーター

目安時間:約 4分

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

デイリーチャートチェック 2020年5月28日

目安時間:約 2分

本日もデイリーチェックの内容を公開します。

 

今週いっぱいは公開して、その後はまた考えたいと思います。

 

 

日時: 5月28日 午前4:45-5:05

 

ドル円
108円レジスタンス

 

ポンド円
昨日のシナリオ通り132.3~132.75付近のゾーンで反落

 

NZドル円
日足PT2買い(昨日発生)
週足の前回抜けた安値位置の戻り。抜けれるか?

 

ユーロドル
レンジ上限の攻防続く

 

ポンドドル
PT4売り買い両方に注目

 

ドルフラン
レンジ幅狭くなってきている。
抜けたところを狙いたい

 

NZドルドル
日足PT2買い継続
週足PT1第1ターゲット到達済み

 

ユーロポンド
日足PT1売り消滅

 

ユーロカナダドル
日足レンジ下限トライ

 

ユーロ豪ドル
日足下限トライ後反発

 

ユーロNZドル
日足下限トライ後反発

 

カナダドルフラン
週足PT1買い第1ターゲット到達

 

NZドルフラン
週足PT1買い第1ターゲット到達

 

NYダウ(ダウ平均)
日足PT2買いの後続伸

 

原油(WTI) 7月限
日足PT1売り発生
一部利確 (25.83→33.37)

 

 

ゴールド
4時間足PT1買い発生

デイリーチャートチェック 2020年5月27日

目安時間:約 2分

日時: 5月27日 午前4:40-5:05

ドル円
108円超えられず
4時間足TL割れ、下方向か

ユーロ円
118.4円~119円付近は抜けにくい
日足で売ってもいい位置

ポンド円
4時間足TLを上抜け、132.3~132.75付近のゾーンに到達
一旦反落目線で

フラン円
111.4円付近の抵抗付近に到達

カナダドル円
日足TL抜けて上に伸びた。
週足PT1買い+日足PT2買い

NZドル円
レンジ上抜け、日足PT2買い

ユーロドル
1.1000を抜けると日足PT2発生
今は日足で売りだが抜けを待ちたい

ドルカナダドル
日足でもPT2売り発生
増し玉

NZドルドル
日足PT2買い発生

ユーロポンド
日足PT1売り発生

 

ユーロフラン
魚の骨

ポンドフラン
1.1925の抵抗で反落、様子見
※昨日1.1865かと思っていたところ

NYダウ(ダウ平均)
前回高値を上抜け
ストップを建値上に移動、トレールで追っていく

原油(WTI) 7月限
前回高値を少しだけ上回った(34.77)
日足BW PT1売り発生に注意

ゴールド
ストップにかかり損切り

 

 

 

26日のトレード

ゴールドがストップで損切り

ユーロポンド デイトレ(THV)で+15.1pips (+186.6ドル)

 

THVは古いシステムですが、全部のサインを見てもわからないので雲とFast Trackのみを使用。

平均足もよくわからないので通常のローソク足

 

最低でも100トレードくらいは検証したいですね。

デイリーチャートチェック 2020年5月26日

目安時間:約 3分

備忘録的に本日のチャートチェック内容をアップします。

 

 

日時: 5月26日 午前4:45-5:05

 

 

ドル円
4H TL割るか?
108円超えていくか?

 

ポンド円
130.7割れず
4H TLに到達、上抜けするか?反発して下か

 

カナダドル円
週足PT1発生したが、方向感まだ無い
日足TL上抜けしたら伸びるか?

 

豪ドル円
日足 70.15円のレジを上抜け、サポとして反発

 

NZドル円
レンジ内の動き

 

ポンドドル
1.226を下抜け、戻りを試す動き
反落せずにラインを上に超えたらポジ解消

 

ドルカナダドル
1.386を下抜けるかどうか?
TLを上に抜けたらポジ解消

 

ユーロポンド
日足でPT1売りが発生しそう
日足PT2買いのポジションを解消

 

ポンドフラン
1.1865のラインの攻防
日足PT2売りはそのラインを上に抜けたらポジ解消

 

ポンドカナダドル
日足BWでの下落継続
-1σでの攻防に注目 上に抜けたらPT1買い発生

 

ポンド豪ドル
日足BWでの下落継続
-1σでの攻防に注目 上に抜けたらPT1買い発生

 

カナダドルフラン
週足PT1買い継続
日足レンジ抜けまで動き少ないか

 

豪ドルフラン
0.64 (+2σ)の攻防に注目

 

豪ドルカナダドル
日足で売りの位置(+2σ)

 

豪ドルNZドル
日足センターラインで下げ止まり反発(買いパターン)

 

NZドルカナダドル
レンジ内

 

NZドルフラン
レンジ継続

 

NYダウ(ダウ平均)
日足前回高値再トライ(24830付近)
抜けてきたら上に伸びそう
22773を下に抜けたらポジション解消、反発で増し玉

 

日経平均(日経225)
前回高値更新

 

原油(WTI)
直近高値34.6を再度試しに行く
抜けていくか?
週足PT1買い継続

 

ゴールド
1719を下抜けたらポジション解消

カナダドルに注目!|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月25日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

先週のエントリーから

 

 

EURGBP日足買い

 

 

 

GBPCHF日足売り

 

 

GOLD日足買い

 

 

 

この他にカナダドルフラン週足の買い、ポンド円日足売り保有しています。

 

 

原油は買い継続

 

 

ダウ平均も買い継続しています。

もみ合いのあとに上かな?と思っていますので日足で抜けてきたらついていきたいですね。

 

 

先週は日本円、ドル、スイスフランが弱くオセアニア通貨が強かったですね。

 

原油相場とそこそこ連動しているカナダドルも強くなってきました。

 

 

 

先週はまたまた禁断のデイトレをやってしまいました。

 

今となっては懐かしのTHV

インジが残ってたのでMT4に入れてトレード

 

5分足、15分足、1時間足、4時間足のMTF分析

雲抜けとFAST TRACKの色、ラインの抜けだけでエントリー

 

エントリー後は基本ストップとリミットを決めて放置(気付いたときに1度ストップを建値に移動したのがあります)

 

結果は勝敗は55%でしたが、PFが2.18・損益率1.74と結構いい数字で+440ドルになりました。

 

おススメは絶対にしません(笑)

 

 

ご参考までにトレード記録取りましたので見てください。

 

 

 

 

 

今週の戦略

 

原油、ダウ平均はがっちりとホールドしております。

 

カナダドルは上げ、ポンドは下げる目線でみてますがどうでしょう。

外れたときはまた目線を変えるだけですので、予測が絶対と思いこまずに毎日確認しましょう。

 

 

私のルーチンですが、こちらで書いてますように毎日書き込みをしています。

 

 

持ち歩いていますので毎週の終わりにはボロボロになって、捨ててしまっていたのですがやはり知識の蓄積は必要ですね。

今後はちゃんと保存しておくようにします。

 

テキストエディターを使えるようになればこちらも公開できるかもしれませんのでお待ちください。

※でも自分でやらないとあまり意味ないです。

 

 

相場の予測、予想、シナリオの違いについてはけんさんがこちらで解説していただいてますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

最後にこっそりと今週の発生予測を貼っておきますね(笑)

 

20200525 勝ちパターン発生予測

 

20200525 勝ちパターン順位表

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

原油(WTI)週足で買いパターン発生|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月18日

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

まずは先週の振り返りから(発生予測は最後にあります)

 

先週はドル円は一時上昇しましたが、その後はゆっくりと戻してきています。

急な上昇時にストップにかかりドル円は微益程度でした。

 

ポンド円は先週お伝えしましたようにレジサポ転換の位置付近から下落

 

ポンド円 日足レジスタンスライン到達|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月11日

 

 

 

 

先週一部利確をしております。

 

前回の安値(PT1買いが発生した足の安値)付近で再度利確、3月18日の安値の利確と予定しておりますが少しトレールしながら追っていきたいと思います。

急激な戻りには要注意です。

 

豪ドルドルは動きが無くなってきたため微益で利確

ユーロドル売りではいりましたが、こちらは損切りしています。

 

 

今週の戦略

 

一番注目しているのは原油です。

 

先週すでにエントリーしてしまってますが、原油の週足でPT1買いが発生しております。

 

 

 

 

 

 

週足PT1発生の位置まで上昇後、右下の4時間足チャートでみれるようにレンジが続いていました。

ラインを下回ったところにストップを置き買いエントリーしてます。

 

 

7月ギリなので一か月後にどこまで上がるかですね。

 

※原油はロットが大きいのでご注意ください

 

 

 

ユーロポンドは日足レンジを上抜けました

 

 

 

 

ポンドスイスフランは下に垂れてきました

 

 

 

今週の予測もユーロ買い、ポンド売りの勝ちパターン予測がでてますね。

 

 

それではお待たせしましたが、今週の発生予測です。

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200518 勝ちパターン発生予測

 

20200518 勝ちパターン順位表

 

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

 

ポンド円 日足レジスタンスライン到達|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月11日

目安時間:約 7分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

月ごとの結果をまとめている最中ですが、20年4月は為替で少しマイナス・CFDで大きく勝ち越しといった内容になっています。

CFDは主にNYダウ、日経225をトレードしています。

 

 

先週NYダウ、日経平均のサポート割れということで予測をたてておりました。

 

NYダウ、日経平均サポート割れ?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月4日

 

 

 

しかし実際のラインは少し違っていたようです。

新しく平行ラインを引きなおしたのがこちら。

 

 

 

 

もう少し押しが深くてもよかったのですが、もしこうなったらついていくしかないということでドテン買いエントリーをしました。

 


 

 

雇用統計でどう動くのかわかりませんでしたので一旦利確。

15分足でのトレンドラインで反発したところを再度買いエントリーしています。

 

 

 

 

 

 

 

「二番底がくる」という内容のツイートをみかけますが、テクニカルな判断をしたいと思っています。

 

 

CFDの方は鹿子木式FXにプラスしてエリオット波動理論も活用しております。

こちらについてはまた紹介させていただきたいと思います。

 

それでは今週も発生予測を公開いたします。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200511 勝ちパターン発生予測

 

 

20200511 勝ちパターン順位表

 

 

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

 

先週の結果

 

NZドル日本円 日足PT2売り ×

NZドルカナダドル 日足PT2買い ▼

NZドルスイスフラン 週足PT1買い △

ユーロ豪ドル 週足PT5買い ×

 

現在円買いポジション、豪ドル買いポジションを保有。

NYダウのほかに、先物6月20日限のコーンももっています。

 

 

 

 

こちらは日足PT1買いが発生後に、-1σを割ってきたのですが取引時間がいまいちわかってなくて損切りできないままにしていたらじわじわと上がってきました。

先物でバナナとかあれば品薄だということは知り合いから聞いていたので買ってたのですが、さすがになかったです(苦笑)

 

ちなみに小麦(WHEAT)も最近日足PT1買いが発生しましたので興味ある方はチャート確認してみてください。

 

 

 

今週の戦略

 

ドル円は109円あたりから15万通貨ほど売りポジションを積み重ねてきていますが、チャネル上限あたりで売りを追加するかもしれません。

チャネル・レジスタンスを超えてくるようでしたら利確を予定しております。

 

 

 

ポンド円は先週売りエントリーをしておりますが、レジサポ転換の位置にきましたので再度売りエントリーを追加したいと思っています。

2の後の7です (わかる人にはわかると思いますが)

 

 

 

ドルカナダドルは週足でPT1売り発生

 

 

 

カナダドルスイスフランでも同じく週足でPT1買いが発生していますのでカナダドルの強さが見受けられます。

 

 

 

ポンドフラン(ポンチー)日足

こちらで下抜けだったらカナダドルフランの買いではなくて、米ドルカナダドルの売りがよいかと思ってます。

 

 

 

US30も場合によっては増し玉をしていこうと思っています。

 

 

今週は少し画像を多めにしてみました。

少しは見やすいでしょうか?

 

ラインの引き方などすこしずつコンテンツとしてまとめていきますのでお待ちくださいませ。

 

 

それでは今週も良いトレードを!

NYダウ、日経平均サポート割れ?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月4日

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

少し前の記事になりますが、最近新たにトレードを始めるかたが増えてきています。

 

楽天証券、3月の新規口座開設16万超 初心者が7割

 

 

興味をもっていただけるのは嬉しいのですが、動きがとても激しくなる可能性がある時期ですので気を付けてくださいね。

 

株式指数は少し調整がはいりそうな雰囲気でもありますし、すぐに退場とならないように気を付けていただきたいと思います。

 

 

それでは今週も発生予測をアップします。

 

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200504 勝ちパターン発生予測

 

20200504 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

 

先週の結果

スイングでのポジションの決済は先週はありませんでした。
新規にて豪ドル、NZドルの買いポジションを少し持ちました。

ドル円の売りのポジションは含み益がでてきています。

 

ドル円もうそろそろ動き出すか?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年4月27日

 

デイトレではダウ平均(US30, NYダウ)の買いで大きくとれました。
決済が24775.85ドルの位置でしたのでそこそこ上の方での決済ができたと思います。

 

株価は日経とともにサポートラインを下抜けてきましたので少し下げてきそうな予感がします。

 

 

 

 

強い通貨:日本円、スイスフラン
弱い通貨:カナダドル、米ドル

 

 

 

 

今週の戦略

引き続き日本円は買い、カナダドル・米ドルは売りというスタンスで。

 

ユーロクロスでユーロ買いの動きが少し強くなっている感じですね。

オセアニアは買いは継続ですが、息切れしそうな雰囲気がありますね。

 

 

株式指数(日経、NYダウ)はサポート下抜けしてきたので売りでのエントリーを検討しています。

 

 

日本は休場ですので動きがいつもと違うようになるかもしれません。

 

家にいるとトレードし過ぎる傾向にありますので、なるべく控えるようにしようと思っています。

 

 

最新の投稿
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

カテゴリー
Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ