XMの口座種類は3タイプ!メリット・デメリットを把握して自分にあった口座を選ぼう

目安時間:約 5分

XMには口座種類が3種類あり、それぞれ特徴があります。

 

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • XM ZERO口座

 

初めてXMで口座を開設したいと思った時

どの口座が自分にあっているのかな?ということが

知りたい方がいるかと思います。

 

あなたが自分にあったXMを口座を選べるよう

各口座のメリット・デメリットを中心に解説していきます。

 

い資金で取引を開始することが出来ます。

 

 

マイクロ口座

マイクロ口座は、FX初心者の方にオススメ。

 

1ロットが1,000通貨なので、0.01ロットで注文すると10通貨単位でトレードできます。

なのでFX取引の流れを少額で練習したいなと思っている人にはマイクロ口座は向いています。

 

通貨ペアも57通貨揃っているので、迷ってしまうくらいです。

口座開設ボーナスと入金ボーナスも受け取れますよ。

 

デメリットとしては、国内FX業者と比べて、スプレッドが広いという点。

 

USD/JPYの国内FX業者の平均が0.3で、XMが1.6なので

どうしてもその点では見劣りしてしまいます。

 

 

スタンダード口座

スタンダード口座はある程度のFX経験がある方にオススメの口座です。

 

というのも、マイクロ口座とスタンダード口座の違いは

取引できるロット数の違いです。

 

  • マイクロ口座・・・・ 10通貨〜10万通貨
  • スタンダード通貨・・ 1000通貨〜500万通貨

 

ある程度FX経験があって資金もある程度持っているならスタンダード口座を選ぶのがいいでしょう。

口座開設ボーナスと入金ボーナスもあります。

 

デメリットはマイクロ口座と同じく、スプレッドが広いこと。

ただそのぶん、ゼロカットや豊富なボーナス、最大888倍のレバレッジ

などデメリットを埋めることのできる要素は存分にあります。

 

XM ZERO口座

XM ZERO口座はマイクロ口座やスタンダード口座とは全く別の口座になります。

 

ECN方式というスプレッドを狭くする代わりに、別途で取引手数料を

徴収するやり方を採用しています。

 

主にスキャルピング取引を行う方にオススメの口座になります。

 

XMでは、マイクロ口座やスタンダード口座で設定されているスプレッドが広いので

国内FX会社に対抗するためにスプレッドの狭いZERO口座を作ったのではないかと思います。

 

特徴としては、最低入金額が2万円からなので、最低入金額が500円からのマイクロ口座やスタンダード口座より資金のハードルが高いですね。

 

レバレッジもZERO口座だと888倍から500倍になります。

また、口座開設ボーナスはありますが入金ボーナスがありません。

 

XMの場合、まずはマイクロ口座かスタンダード口座を開設するほうがいいですね。

 

い資金で取引を開始することが出来ます。

 

 

まとめ

XMは最大8つまでの追加口座を作ることができるので、自分の用途に応じて口座を開設するのも

いいでしょう。

 

心強いのはマイクロ口座もスタンダード口座もZERO口座も、

ゼロカット制度が備わっているということ。

 

ゼロカット制度とは為替レートの急激な変動によって損失が発生した場合には追証なしにしてくれる制度。

資金がゼロになるけれど、マイナスになることはないということです。

 

国内FX会社だとゼロカット制度がないので、追証を求められマイナスになることがあります。

 

ゼロカットでボーナスも充実しているXMで

自分の目的にあった口座を解説してトレードを始めていきましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
オススメ!

★イチオシ商材!

私が負けトレーダーを脱出して年間10万pipsのプラスになるきっかけとなった商材がパワーアップして帰ってきました! FXトレードで利益を出したい方、負けている方は必見です!

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

カテゴリー
ランキング参加しています!
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。