ユーロ大きく売られる|2020年2月17日週の鹿子木式FX勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

コロナウイルス(COVID-19)のニュースが多く流れていました。

 

今後ますます影響が広がっていくかと思います。

まずは皆さんも健康を第一に考えていただきたいと思います。

 

トレードも何がおきるかわからないです。

もしかしたら何週間かトレードできない状態になる可能性もあります。

 

 

ストップは確実に置いておくこと

すべて負けてもいいロット数にしておくこと

 

そして、もしトレードしなくてもいいような状態ならトレードしないことも考えてもいいと思います。

 

 

 

今週、家族のパスポート更新で東京へ行く予定があり、当初は2泊していこうと思っていましたが急遽日帰りで行くことになりました。

 

こういったことが大きなところで経済への影響があるのかと思いますが、自分や家族の不安を考えるとしょうがないですね。

 

 

 

私が健康であるうちは、この毎週の分析をアップしていきますのでよろしくお願いします。

 

それでは今週分です

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン順位表

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週はポンドドルの売りで入りましたが往復ビンタを喰らった形になりました。
ユーロドルは戻りを待ってましたが戻ってこずにそのまま下落

 

上手くいかない時はこんなものです

先週はポンドが大きく買われました。
ユーロは指標の悪さもありますが、下落継続していますね。

このような状況になっています。

 

 

強い通貨:ポンド、オセアニア通貨
弱い通貨:ユーロ、フラン

 

 

 

2月17日週の戦略

 

オセアニア通貨が戻してきたので基本は売りで入っていきたいです。
フランが先週売られましたが、買いのパターン発生で買っていくのもよさそうですね。

 

注目通貨ペア

 

ユーロカナダドル 週足売り

 

 

 

 

豪ドル円 日足売り

 

※黄色のゾーンが効いてますね

 

 

豪ドル売り継続か?|2020年2月3日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

 

新型肺炎のニュースが大きく取り上げられる中、ほんとうにひっそりとイギリスがEUから離脱していったと思います。

(日本国内だけかもしれませんが)

 

これがどう為替に影響されるか見ていきたいですね。

個人的には安定してほしいのですが、EUがイギリスに対してどういった政策をとっていくのか?

もしかするとEU離脱でも損をしないとなると他国への影響があるため厳しくイギリスに接するというのもあるかもしれません。

 

気になりますが、トレードとしては勝ちパターンをメインに進めていくだけですね。

 

 

それでは早速今週の発生予測です。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

 

20200203 勝ちパターン発生予測

 

20200203 勝ちパターン順位表

 

 

*PDFをダウンロードしてご覧になってください。

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

予想していた通り、豪ドル円は円高方向へと進んでいきました。

欧州通貨がのきなみ買われた週でしたのでユーロ円は微妙な結果だったと思います。

 

 

注目通貨にはいれてませんでしたが、ポンド円が日足PT7の位置で、4時間足に下髭がいっぱいついていたので朝指値をいれておきました。

 

 

 

帰ってきたら100pips超のプラスと4時間足+2σ超えていたので利確しました。

144.3付近までひっぱろうかと思いましたが、時間効率的にはよかったと思います。

 

 

NZドルフランの日足はー1σを下回り損切り。
その後をみると、いかに損切りが大切かわかりますね。

 

ナイスロスカット!

 

 

 

強い通貨: 欧州通貨、日本円
弱い通貨: オセアニア通貨

 

 

2月3日週の戦略

 

オセアニア通貨、特に豪ドルの売りに注目しています。

また、全般的に資源国通貨(豪ドル、NZドル、カナダドル)が弱く欧州通貨(ユーロ、フラン、ポンド)が強いイメージです。

日本円も安全資産という面で買われやすい地合いではないでしょうか?

 

 

世界中を騒がせるようなトピックスが多く、ブレグジットが想像以上に注目されずに済んだ感じです。

普通にトレードをして、シナリオが崩れたらすぐに撤退できるようにしておいてください。

 

 

注目通貨ペア

 

ポンド米ドル 買い

 

 

 

カナダドルスイスフラン(週足) 売り

 

 

 

クロス円 円買いポジション

 

オセアニア通貨 売りポジション

 

 

 

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

鹿子木式FX|2020年1月27日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 3分

おはようございます。

 

新型肺炎のニュースが飛び交ってますね。

心配になって情報を集めたりしてますが、まずは基本(うがい、手洗い、マスク)を忘れずにすることが大切かと思います。

 

できることをしっかりやっていく

 

トレードでも生活でも大切なことですね。

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測をしたいと思います。

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200127 勝ちパターン発生予測

 

20200127 勝ちパターン順位表

 

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週注目していたユーロドルは予測通りに下落し利確しています。
豪ドルカナダドルはいったん下落しましたが、一気にあがったため建値決済になっています。

 

カナダドルの政策金利据え置きだったのですが、議事録の文言がかわったようですね。「現在の金融政策は適切」の削除、「10月の予測よりも成長が弱い」というのに反応してカナダドル安になったのかと思います。

 

強い通貨: 日本円、ポンド
弱い通貨: カナダドル、ユーロ、豪ドル

 

NZドルフランの日足でバンドウォーク8本だったのですが-1σを超えてきたのでエントリーしています。
下落が足りないところが気になりますが週足センターラインで抑えられればいけると思いました。

 

 

1月27日週の戦略

 

今週は無理して入る必要はないかと思ってますが、チャートを見てチャートが「エントリーして」って言ってくるようなところで入りたいと思います。

 

日本円買いたいですね。
豪ドル円は下窓大きく開けないようでしたらエントリーしたい形ですね。

 

 

 

注目通貨ペア

 

豪ドル円 売り

 

 

ユーロ円 売り

(戻り待ち)

 

 

 

気が付けばPT2の頻度がかなり高いですね。

私にとっては一番見つけやすいパターンです。

鹿子木式FX|2019年1月20日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 5分

おはようございます。

先週もおかげさまで無事トレード終了することができました。

 

勝ちパターン発生予測についてアンケートも取らせていただきました。

回答いただいた方々に感謝しております。

 

自分の感覚では10名くらい見て頂いているのかな?と思っていたのですが思ったより多く驚きました。

 

今後も続けていきますので皆様のお役に立てればとても嬉しいです。

 

 


 

 

こうやって発生予測すると、自分のトレードにプラスになることが多くあります。

 

メリット・デメリットを考えてみました

 

 

 

勝ちパターン発生予測のメリット・デメリット

 

 

メリット

 

  • 事前準備をすることで、トレードへの迷いがなくなる
  • 複数時間足×複数通貨の分析が無意識にできてくるため勝てるようになる(=資産を増やせる)
  • 「なんかこの相場、エントリーしたくないな」というのがわかるのでエントリーを避けることができる

 

 

デメリット

 

  • 1週間に1時間半くらい時間を取らないといけない

 

 

あまりデメリットはないので試してみるといいかと思います。

 

 

もしやってみたいという方、エクセルフォーマットをお渡ししますので一番下のお問合せフォームからご連絡ください。

Eメールにて送付させていただきます。

 

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

それでは今週の勝ちパターン発生予測を展開します。

 

 

20200120 勝ちパターン発生予測

 

20200120 勝ちパターン順位表

 

 

1月20日週の戦略

 

先週までの結果

 

 

強い通貨: スイスフラン、カナダドル
弱い通貨: 日本円、ユーロ、 豪ドル

 

 

米ドルも比較的強いほうだったと思います。

 

ユーロスイスフランは自分の設定したターゲットにほぼ到達していますが、下落の勢いが強く止まりそうにないですね。 PT2がきれいに決まった例だと思います。

 

今週は米ドル、カナダドルの買いサインとユーロ・オセアニア通貨の売りに注目しています。

 

 

注目通貨ペア

 

ユーロドル日足 売り

 

 

 

豪ドルカナダドル 売り

 

 

 

 

勝ちパターン発生予測のエクセルフォーマットお申込み

 

こちらに記載の上でお申し込みくださいませ。

 

 

 

 

鹿子木式FX|1月6日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 3分

みなさま新年あけましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

 

また、皆様方においてトレードでプラスになる年であるよう、

皆さまの目的が達成できるようお祈り申し上げます。

 

 

さて、この年末年始の間にいろんなニュースがありました。

 

  • カルロス・ゴーン氏レバノンへ出国
  • アメリカがイランのソレイマニ司令官を殺害
  • 北朝鮮が核開発やICBMの実験を再開
  • 香港の元日のデモで400人超逮捕

 

 

トレーダーからすると資金をどこに移していこうか、、、と考えるような事柄もおおいですよね。

安全に、増やしていけるようなところへ投資をしましょう!

 

 

それでは、ひっさびさに勝ちパターン発生予測を投稿します。

 

 

20200106 勝ちパターン発生予測

 

20200106 勝ちパターン順位表

 

 

 

1月6日週の戦略

 

 

12月からだいぶ様相がかわってきました。

 

現在一番勢いのあるのはカナダドル

スイスフランも12月とくらべると強くなりました。

 

弱い通貨ではポンドが一気に落ちましたが、現在の市場テーマから一時外れている感じがします。

オセアニアも一時期の勢いがなくなってきました。

 

年初のアメリカと中東のニュースでドルが売られていますね。

原油価格もはねあがり、相関性が強いといわれているカナダドルも伸ばしてきています。

 

今週の戦略としては

 

ドルカナダドルが私の思っていた1.3040~1.3020付近のゾーンを下抜けてきたので売りを検討したいと思います。

 

オセアニア勢の戻りをねらってクロス円でショートもいいかと思っています。

 

 

ニュースでどう動くかわからないので、迷ったらスルーで

まずは月曜の市場オープンを待ちましょう。

 

 

 

 

それでは本年もよろしくお願いいたします。

鹿子木式FX|12月9日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 6分

おはようございます。

 

先週のトレードは+1088.5pipsで資金増減は+29.02%でした。

($100チャレンジ用口座の成績ですので、レバ高めです。真似しないでくださいね)

 

 

 

 

ツイッターでも書いたのですが、先週は寒さで朝方なかなか布団からでられなくて

本当にチャートを一瞬だけ見るだけでエントリーなど決めてました。

 

 

 

ポジション調整だけはそういったわけにいかないので時間あって体があったまってるときに

ちょこちょことやってました。

 

 

最初のころを思い返すと、やっぱなかなか勝ちパターンが見えてこなかったときがありました。

週一の予測も3時間も4時間もかかってたと思います。

 

でもそれがあったからこそ今ではパッとみて対応できたりするんでしょうね。

 

トレードがへたくそな私でも練習するとある程度うまくなれると思います。

鹿子木式を始めたばかりの人も、焦らずじっくりと学んでいってくださいね。

 

一度学べば、その後は道がひらけると思います。

 

 

どこかで、ラインの引き方講座なども検討したいと思います。

 

 

 

それでは今週の予測です。

 

20191209 勝ちパターン発生予測

 

20191209 勝ちパターン順位表

 

 

12月2日週の振り返り

 

NZドル、ポンドが強い一週間でした。

 

先週の戦略のとおり、ポンド円・ポンドフランのポジションを持っていれば利益になっていたかと思います。

ユーロNZドルは自分の設定したターゲットに到達したので利確しています。

 

ドル円は逆に下落して、PT5の売りにてエントリー。

 

雇用統計で上に跳ねたらPT4売りでさらにエントリーを予定して指値をいれたおいたのですが、
統計の数字が良いにも関わらず上昇は限定的。
クローズにかけて全戻しになった状況です。

 

 

12月9日週の戦略

 

 

ポンド買い、オセアニア買い
カナダドル、ユーロ、米ドル売りで考えています。

 

円安方向に傾いているかと思いますが、ドル円がなかなか円安方向へいかなかったので
クロス円もそれほど円安にいかないのかな?と考えてます。

 

ポンドドルが日足PT2買いのあと、上昇を続けていってしまいました。
PT2のあとの戻りのPT7を狙っていましたが戻らなかったです。

 

ポンドルのPT7/PT6と重なれば入りやすいですね。

 

 

 

トレードは段取りが重要

 

 

やはり何でも予測して準備することは大切だと思っています。

 

私の好きな野球で例えると

 

3回表の守備についていてノーアウトランナー一塁

ランナーは、そこそこ足もあります。

バッターは8番で、打率は低いけど右打ちが得意

 

そういったときに、バンドでくるのかエンドランか、盗塁か?

想定してプレーするのと、まったくのノープランとでは結果に差がでると思うんです。

 

仕事でも

 

何か案件があがると

「きっとこういった情報を入手しないといけないな」と予測して動く

 

報告も

「この懸案事項があるから、聞かれる前に報告しよう」

 

 

こうやって進めていくと、大きな間違いはなく仕事もできますよね。

 

 

 

多分みなさんもお仕事や、好きなことをやるときにはやっているかと思います。

トレードも段取りすることでだいぶ変わりますよ。

 

ぜひ「段取り」を意識してトレードしてみてください。

鹿子木式FX|12月2日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

おおはようございます。

 

昨日は香嵐渓へ紅葉狩りへいってきました。

日本にいると四季があるので、春は桜からはじまり、夏は海辺の遊び、秋は紅葉、冬は雪と季節を感じるイベントが満載ですね。

 

私はアメリカの大学に留学していた4年をアメリカのミネソタ州で過ごし、

そして最近では4年半ほどインドネシアのジャカルタに住んでいました。

 

アメリカは北半球でしたので季節はあったのですが、とても寒い地域で9月ごろから雪がふることもあり

6月にも雪がふったことのあるような場所で「夏→冬→夏→冬」といった感じだったと思います。

 

ジャカルタは赤道に近いところに位置していますので年中30度くらいの気温で

季節と言えば「雨季」と「乾季」くらい。

 

そんな生活をおくるたびに「日本は四季があっていいなぁ」と思います。

 

でも最近の冷え込みで「インドネシアへ帰りたい、、」とも思ってます。

そのうち戻るかもしれませんね(笑)

 

 

話がそれましたが、先週の結果からです。

 

 

先週のトレード結果

 

MYFXBOOKがうまく作動していないため、手動での集計です。

 

PIPS: -485.9PIPS

資金増減: -8.98%

 

 

ポンドカナダドルの売りでの損失がほとんどです。

$100チャレンジの資産が$136.55になっています。 (2019年9月13日スタート)

 

本口座ではプラスもマイナスも1/5~1/10くらいになっています。

 

 

11月は久々に月単位で負けてしまいました。

時折まけると、自分のトレードを見直すことができますので
全戦全勝よりはいいのかな?と自分では思っております。
(負け惜しみ??)

 

 

 

11月25日週の振り返り

 

ポンドカナダドルの売りエントリーは翌日には+1σラインを再度上回ったため損切りしました。

 

ポンドはレンジが長く続いて、売り注文も買い注文も溜めているように思えます。
週後半に動きがでてきたように思われます。

 

NZドルは引き続き強さを維持
日本円が売られる傾向で、クロス円に円安方向の勝ちパターンがでました。

 

NZドル円の買いでエントリーしています。

 

 

 

12月2日の戦略

 

ポンドが先週の後半で動きが出てきました。
ドル円も109.5付近を上抜けてきそうなのでそのあたりの組み合わせも面白そうです。

 

 

ポンド円 買い
ポンドスイスフラン 買い

 

 

このあたりを検討しています。

 

 

 

20191202 勝ちパターン発生予測

20191202 勝ちパターン順位表

鹿子木式FX|11月24日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

おはようございます。

 

昨日は名古屋モーターショーへいったのですが、

G20の関係で高速道路の閉鎖などで大渋滞でした。

 

普段1時間半くらいで到着するところ

5時間半かかってしまいました。

 

今日も名古屋でインドネシアフェスティバルにいくのですが

交通状況が少し心配です。

 

インドネシアフェスティバル名古屋2019

 

 

 

先週のトレード結果

 

先週の$100チャレンジ口座の結果です。

 

獲得PIPS : ▲479.7pips

資金増減  : ▲11.03%

 

 

 

 

ポンドスイスフランの4時間足PT2売りで入ったのですが、

ストップにかかり大きくマイナスになりました。

 

チャレンジ口座はレバ10倍から20倍くらいで運用しています。

なので、本口座の運用とはプラスもマイナスも×5~10くらいで見ておいていただけますと幸いです。

(本口座でこの利幅だったらギャンブルになってしまいます)

 

来週以降、すこ~しずつ取り返していきたいと思います。

 

 

それでは今週の発生予測と、順位表です。

 

20191125 勝ちパターン発生予測

 

20191125 勝ちパターン順位表

 

 

11月18日週の振り返り

 

日本円、NZドル、米ドルが比較的に強く買われていました。

 

ポンドはじりじりと買いの勢いが弱くなってきているかと思います。

スイスフランも大きく売られた週でした。

日本円、米ドル両方とも強かったからだと思いますが
ドル円の日足PT7の売りから、先週はPT2売りも発生していますが
なかなか下には落ちない状況が続いています。

 

NZドルは利下げ予測が大きかっただけに金利維持されたのでその分買戻しがあったんでしょうか。

 

 

11月25日週の戦略

 

ポンドの勢いに陰りがみえ、レンジの状態が続いています。
どちらかに抜けて大きく動くのについていきたいと思います。

 

ポンドカナダドルの日足でPT1売りが発生しましたので、
まずは売りでエントリーして様子をみたいと思います。

 

ポンドNZドルの週足で変形ながらもPT1売り発生
NZドルスイスフランの日足でPT1買い発生とNZドルの買いのパターンが発生しています。

 

すでにユーロNZドルの日足PT2売りでポジションを持っていますが、
追加でNZドルの買いポジションを持つか検討します。

 

【買い検討】
日本円、NZドル

 

【売り検討】
ポンド

 

 

それでは今週も淡々とトレードしましょう!

鹿子木式FX|11月18日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 3分

おはようございます。

 

先週の$100チャレンジ口座の成績です。

 

獲得PIPS: 352.40pips

資産推移: +7.96%

9月13日からの資産増加: +68.63%

 

 

 

約2か月の成績としては十分すぎですね。

 

 

トレードはこちらのツイッターアカウントで公開中です @Bolliot_Trade

 

 

 

 

それではさっそく今週の分析をアップします。

 

20191118 勝ちパターン発生予測

 

20191118 勝ちパターン順位表

 

 

 

 

 

11月11日週の振り返り

ドル円は109.3円付近のゾーンを超えてくるか見ていましたが
到達できずに反落しました。

5月31日にここのゾーンを下抜けしてからずっと戻れずにいます。

ユーロNZドルはレンジを下抜けしてきました。

ポンド・スイスフラン・米ドルが比較的に強く
ユーロ・豪ドルが弱かったです。

印象からいくと
ユーロはなかなか強くならない(市場テーマなし?)
日本円は弱含みしてもそれほど弱くはならない

 

そんな感じだと思います。

 

 

11月18日の戦略

 

ドル円は109.2円での売りエントリーを保持してします。

引き続き109.2~109.5円のゾーンを上に抜けてくるまでは下目線でいます。

上に抜けたら110.5~110.7辺りまで上値目途ですが買いのエントリーは予定はしていません。

ユーロ円は121.4円付近に売りの指値を置いています。

ユーロカナダも1.47付近での売りを検討しています。

ユーロフランの週足PT4が日足PT7の売りの場所にもなるのでそこでも売りたいですね。

【売り検討】
ユーロ、豪ドル

【買い検討】
円、フラン、米ドル

 

※買いを検討してても売ったり、その逆もすることがあります。 あくまでトレードの参考にしてください。

 

 

 

 

ようやくマイコプラズマ肺炎から回復しました。

2か月間とても辛かったです、、、

鹿子木式FX|11月12日のチャートチェック

目安時間:約 3分

今朝は朝のチャートチェックからいくつか抜粋して説明してみようと思います。

ご参考になれば幸いです。

 

 

 

USD/JPY

 

ピンクのゾーンあたりを気にしています。

ショートで入っていますが、抜けたら損切り

 

 

 

AUD/USD

 

日足チャネルの下限あたりに来ています。

反発して上昇すると、こんどは週足のチャネル上限が待ち構えています。

 

下抜けて日足PT2⇒0.667あたりでトリプルボトムをつけて反発といくときれいですね。

 

 

 

EURAUD

 

日足でPT1買いがそろそろ発生しそうです。

AUDUSDのPT2売りとセットで考えてます。

 

 

 

CADCHF

 

日足トレンドラインにあたりました。

ここから下に抜けるか上に行くか、注目しています。

 

 

 

ちなみにCHF (スイスフラン)のことみなさん何て呼んでます?

 

わたしは10何年も前にFXを始めた時に「CHFってなんだ? チーフ????」と思ったのをきっかけに

それからずぅ~~っと「チーフ」って呼んでしまってます。

 

説明するときに「チーフ」⇒「スイスフラン」と変換してから話さないといけないのでちょっとめんどくさいです。

 

スイスフランだったら「SWF」とかにしてほしいですよね、わかりやすく。

 

カテゴリー
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ