マタフ(MATAF)で通貨強弱を見る|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年6月8日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

金曜日にアメリカの雇用統計が発表されましたが、結果にとても驚きました。

失業率が20%超えるのか、雇用者数がマイナスになるのではと思っていたんですが大幅に改善しました。

 

 

 

 

それを受けて株価もドル円、原油価格が一気にあがりました。

 

 

だいたいマーケットを大きく動かす指標はアメリカか中国かというくらいですね。

政策金利は別ですけど。

 

 

今回、通貨の強弱がわかる情報をお伝えしようと思います。

 

毎週、私も強弱表をつけていますが、それは私の場合は自分でつけないとなかなかトレードに活かせないという理由なんです。

 

 

 

マタフ(MATAF)で通貨の強弱を確認

 

マタフのサイトはこちらです

 

https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

 

 

 

こちらのサイトをみると上と下の2つのチャートが表示されます。

 

上はカレンシーインデックスで、各通貨がその他の通貨に対して強いのか弱いのかがわかります。

 

日本円 vs その他全員

 

 

といった感じです。

通貨は左上の小窓で選択可能

 

 

 

 

そして、その下にあるのが全通貨を指定の期日を起点とした場合に強くなっているのか弱くなっているのかがわかるグラフです

 

 

今回6月1日を起点としてみましたが、やはりオセアニア通貨最強で日本円が最弱なのがわかりますね。

 

 

 

 

これでトレードできそうだな、って思ったらいました

 

 

「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億を稼いだ理由

 

 

 

売られすぎ、買われすぎを見て勝ちパターン1の補助指標にするのも面白いかもしれません。

 

また良い使い方がわかりましたらお知らせしますね。

 

 

 

それでは週間の発生予測です。

コメントは右側の欄に記入してますので見てみてください。

 

ご指摘事項もお気軽に

 

20200608 勝ちパターン発生予測

 

20200608 勝ちパターン順位表

 

 

 

それでは今週もまたよろしくお願いします。

 

 

 

ドル安続くか?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年6月1日

目安時間:約 6分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

最近為替のほうの調子がいまいちですが、その分原油と株式指数でカバーしている感じです。

かといってそちらに重心を移すというよりはいままで通り平均して取引をしていきたいと思ってます。

 

 

私の場合、スワップの付かない口座を使っているのですが株式指数の場合のみ「配当」という形でときおり入ってきます。

プラススワップが嬉しいというのを久々に感じております。

お小遣いをもらっているような気持になります。

 

 

 

スワップ両建てトレード方法

 

 

過去には私もスワップの付く通常口座を使っていたのですが、その時はGEMFOREXという業者で両建てトレードしてました。

リピート系のEAを作って、売りも買いも回してそこそこのプラス(年利換算で20%くらいだと思います)だったと思います。

 

 

本日のスワップを確認しましたが、EURUSDとUSDJPYの2通貨が売りも買いもプラススワップになっています。

 

 

通貨ペア ロングスワップ ショートスワップ
EURUSD 0.24700 0.25300
USDJPY 0.21300 0.28700

 

 

 

 

 

もしご興味あればこちらから口座開設していただいた方にEA作成しますので一番下のお問合せフォームからご連絡くださいませ。

(ツイッターでよくある無料EA系のお誘いみたいですね笑)

 

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測をしてみます

 

 

今週の発生予測

 

20200601 勝ちパターン発生予測

 

20200601 勝ちパターン順位表

 

 

 

今週は少し今までお見せしてなかったところをお見せしています。

毎週毎週これをやって、自分で考えてやってみて確認して修正するといったPDCAを回しているような感じです。

 

仕事みたいですね?

 

そうなんです、FXって周りがプロばっかりなんで常に学んで考えてを繰り返さないといけないんです。

 

 

でもそれをやったとしても会社で働くよりはずっと短時間で済みますし

その時間をバイトに充てたよりもずっと多くの収入になるチャンスもあります。

 

 

リスクを減らすやり方も覚えたらきっと資産を増やすことができると思います。

 

是非皆様もやってみてくださいね。

 

 

 

今週の注目通貨

 

ドルインデックスをみると下落傾向が強まっていることがわかります。

日足でPT2売りっぽいですね。

 

 

 

 

ドルフランの日足も似たような形でPT2売り発生しそうです。

戻してその上のトレンドラインから売ってくのもいいですね。

 

 

 

ポンド豪ドルも注目しています。

 

日足PT1買いを待っているのですが、4時間足のTL超えあたりから入ってもいいですね。

 

順位表をみていただくとわかりますがポンドが最弱、豪ドルが最強だったので巻き返しは大きくなるのかな?とも思います。

勝率も少し低めになるかと思うのでくれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

 

 

 

 

カナダドルに注目!|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月25日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

先週のエントリーから

 

 

EURGBP日足買い

 

 

 

GBPCHF日足売り

 

 

GOLD日足買い

 

 

 

この他にカナダドルフラン週足の買い、ポンド円日足売り保有しています。

 

 

原油は買い継続

 

 

ダウ平均も買い継続しています。

もみ合いのあとに上かな?と思っていますので日足で抜けてきたらついていきたいですね。

 

 

先週は日本円、ドル、スイスフランが弱くオセアニア通貨が強かったですね。

 

原油相場とそこそこ連動しているカナダドルも強くなってきました。

 

 

 

先週はまたまた禁断のデイトレをやってしまいました。

 

今となっては懐かしのTHV

インジが残ってたのでMT4に入れてトレード

 

5分足、15分足、1時間足、4時間足のMTF分析

雲抜けとFAST TRACKの色、ラインの抜けだけでエントリー

 

エントリー後は基本ストップとリミットを決めて放置(気付いたときに1度ストップを建値に移動したのがあります)

 

結果は勝敗は55%でしたが、PFが2.18・損益率1.74と結構いい数字で+440ドルになりました。

 

おススメは絶対にしません(笑)

 

 

ご参考までにトレード記録取りましたので見てください。

 

 

 

 

 

今週の戦略

 

原油、ダウ平均はがっちりとホールドしております。

 

カナダドルは上げ、ポンドは下げる目線でみてますがどうでしょう。

外れたときはまた目線を変えるだけですので、予測が絶対と思いこまずに毎日確認しましょう。

 

 

私のルーチンですが、こちらで書いてますように毎日書き込みをしています。

 

 

持ち歩いていますので毎週の終わりにはボロボロになって、捨ててしまっていたのですがやはり知識の蓄積は必要ですね。

今後はちゃんと保存しておくようにします。

 

テキストエディターを使えるようになればこちらも公開できるかもしれませんのでお待ちください。

※でも自分でやらないとあまり意味ないです。

 

 

相場の予測、予想、シナリオの違いについてはけんさんがこちらで解説していただいてますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

 

最後にこっそりと今週の発生予測を貼っておきますね(笑)

 

20200525 勝ちパターン発生予測

 

20200525 勝ちパターン順位表

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

原油(WTI)週足で買いパターン発生|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月18日

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

まずは先週の振り返りから(発生予測は最後にあります)

 

先週はドル円は一時上昇しましたが、その後はゆっくりと戻してきています。

急な上昇時にストップにかかりドル円は微益程度でした。

 

ポンド円は先週お伝えしましたようにレジサポ転換の位置付近から下落

 

ポンド円 日足レジスタンスライン到達|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月11日

 

 

 

 

先週一部利確をしております。

 

前回の安値(PT1買いが発生した足の安値)付近で再度利確、3月18日の安値の利確と予定しておりますが少しトレールしながら追っていきたいと思います。

急激な戻りには要注意です。

 

豪ドルドルは動きが無くなってきたため微益で利確

ユーロドル売りではいりましたが、こちらは損切りしています。

 

 

今週の戦略

 

一番注目しているのは原油です。

 

先週すでにエントリーしてしまってますが、原油の週足でPT1買いが発生しております。

 

 

 

 

 

 

週足PT1発生の位置まで上昇後、右下の4時間足チャートでみれるようにレンジが続いていました。

ラインを下回ったところにストップを置き買いエントリーしてます。

 

 

7月ギリなので一か月後にどこまで上がるかですね。

 

※原油はロットが大きいのでご注意ください

 

 

 

ユーロポンドは日足レンジを上抜けました

 

 

 

 

ポンドスイスフランは下に垂れてきました

 

 

 

今週の予測もユーロ買い、ポンド売りの勝ちパターン予測がでてますね。

 

 

それではお待たせしましたが、今週の発生予測です。

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200518 勝ちパターン発生予測

 

20200518 勝ちパターン順位表

 

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

 

 

それでは今週も良いトレードを!

 

 

ポンド円 日足レジスタンスライン到達|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月11日

目安時間:約 7分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

月ごとの結果をまとめている最中ですが、20年4月は為替で少しマイナス・CFDで大きく勝ち越しといった内容になっています。

CFDは主にNYダウ、日経225をトレードしています。

 

 

先週NYダウ、日経平均のサポート割れということで予測をたてておりました。

 

NYダウ、日経平均サポート割れ?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年5月4日

 

 

 

しかし実際のラインは少し違っていたようです。

新しく平行ラインを引きなおしたのがこちら。

 

 

 

 

もう少し押しが深くてもよかったのですが、もしこうなったらついていくしかないということでドテン買いエントリーをしました。

 


 

 

雇用統計でどう動くのかわかりませんでしたので一旦利確。

15分足でのトレンドラインで反発したところを再度買いエントリーしています。

 

 

 

 

 

 

 

「二番底がくる」という内容のツイートをみかけますが、テクニカルな判断をしたいと思っています。

 

 

CFDの方は鹿子木式FXにプラスしてエリオット波動理論も活用しております。

こちらについてはまた紹介させていただきたいと思います。

 

それでは今週も発生予測を公開いたします。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200511 勝ちパターン発生予測

 

 

20200511 勝ちパターン順位表

 

 

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

 

先週の結果

 

NZドル日本円 日足PT2売り ×

NZドルカナダドル 日足PT2買い ▼

NZドルスイスフラン 週足PT1買い △

ユーロ豪ドル 週足PT5買い ×

 

現在円買いポジション、豪ドル買いポジションを保有。

NYダウのほかに、先物6月20日限のコーンももっています。

 

 

 

 

こちらは日足PT1買いが発生後に、-1σを割ってきたのですが取引時間がいまいちわかってなくて損切りできないままにしていたらじわじわと上がってきました。

先物でバナナとかあれば品薄だということは知り合いから聞いていたので買ってたのですが、さすがになかったです(苦笑)

 

ちなみに小麦(WHEAT)も最近日足PT1買いが発生しましたので興味ある方はチャート確認してみてください。

 

 

 

今週の戦略

 

ドル円は109円あたりから15万通貨ほど売りポジションを積み重ねてきていますが、チャネル上限あたりで売りを追加するかもしれません。

チャネル・レジスタンスを超えてくるようでしたら利確を予定しております。

 

 

 

ポンド円は先週売りエントリーをしておりますが、レジサポ転換の位置にきましたので再度売りエントリーを追加したいと思っています。

2の後の7です (わかる人にはわかると思いますが)

 

 

 

ドルカナダドルは週足でPT1売り発生

 

 

 

カナダドルスイスフランでも同じく週足でPT1買いが発生していますのでカナダドルの強さが見受けられます。

 

 

 

ポンドフラン(ポンチー)日足

こちらで下抜けだったらカナダドルフランの買いではなくて、米ドルカナダドルの売りがよいかと思ってます。

 

 

 

US30も場合によっては増し玉をしていこうと思っています。

 

 

今週は少し画像を多めにしてみました。

少しは見やすいでしょうか?

 

ラインの引き方などすこしずつコンテンツとしてまとめていきますのでお待ちくださいませ。

 

 

それでは今週も良いトレードを!

ドル円もうそろそろ動き出すか?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年4月27日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

今日はまず最初にこちらを紹介したいと思います

 

 

株式会社メデュが、近畿財務局に金融商品取引業者(投資助言・代理業)の登録申請

 

 

 

これで本格的に投資助言サービス、勝ちパターンシグナル配信をされることができますね。

サービス開始時にお知らせメールを受信したい方は、下記URLよりお申込みください。

 

 


 

 

 

配信サービスはいろいろな使い方があるかと思います。

 

そのまま真似をしてトレードするのでもいいのですが、おススメは

 

 

  • 自分の考え方とけんさんの考え方がどう違ってたり合ってたりするのか確認
  • 自分のトレードが亜流になってしまってないかのチェック

 

 

こういった学ぶためのツールとしても活用いただけるといいかと思います。

(もちろん資産を増やしながらです笑)

 

とても楽しみですね。

開始時期が決定しましたら、こちらのブログでもまた案内させていただきたいと思います!

 

 

 

それでは今週の発生予測です。

 

今週の勝ちパターン発生予測

20200427 勝ちパターン発生予測

 

20200427 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

〇 ポンドフラン

× ユーロ豪ドル

△ ユーロポンド

 

 

本口座は最近ダウ平均、S&P500などの株価指数や金、原油などの取引比率が多くなってきています。

他にもなんやかんやでドル円の売りを積み増し。

 

原油は先週PT4買いを検討していましたが、あまりにも落ちるスピードが速すぎたためスルーしました。

迷ってる相場のときの勝ちパターンなのですが、動きをみると全然迷ってなく一直線に下に向かってたからです。

(4は時間調整のときが一番いいかな~)

 

強い通貨:日本円、米ドル

弱い通貨:ポンド

 

 

今週の戦略

 

ドル円売るのが好きなので、引き続きポジションは保有しております。

 

NZドル買いの兆しがでていますね。

 

豪ドルNZドル 日足売り

NZドルスイスフラン 週足買い

 

 

このあたり検討したいと思います。

既にNZドルカナダドルのペアは買いエントリー中ですのでロット考えながらですね。

 

 

それでは今週も良いトレードを!

ドル円売り目線継続|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年4月20日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

最近は毎朝起きるたびに生きていることに感謝をするようになりました。

そして家族の健康、周りの方々の健康、すべての人たちへの健康を祈るばかりです。

 

 

ツイートもさせていただきましたが、「接触感染」も気を付けるべき一つのことだと思います。

皆さんマスク(飛沫感染)にばかり目を向けてますが、なるべく用心するようにお願いいたします。

 

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測を公開します!

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200420 勝ちパターン発生予測

 

20200420 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

※あくまで発生予測ですので、投資は自己責任で行っていただきますようお願いいたします。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

× 豪ドル円売り
〇 カナダドル円売り
? ユーロポンド売り
〇 ユーロ円売り
〇 ダウ平均買い

 

基本的に日本円買い目線でエントリーしていました。

豪ドル円売りは日足PT6でエントリーしましたが、あっさりと損切りしました。

 

 

カナダドル円は第2ターゲットまで利確しましたが、第3ターゲット到達前にトレンドラインで反発したため手動利確しております。(画像矢印のところ)

 

三角持ち合いっぽくなってきたので次に仕掛けるのは抜けるまで待ちます。

たぶん下かな~くらいに思ってます。

 

 

 

3月後半に120円くらいで売りエントリーしたユーロ円もなかなか116円割らないのでしびれを切らして利確しています。

 

「しびれを切らして利確」の後、高い確率で望んでた方向へ進むことが多いので、きっと今回もそうなるんだろうな?と思い見ています。

日足のボリバンは開き気味、センターラインもお辞儀し始めたのでもったいなかったかな??

 

それでも一旦下抜けしてからの戻りで入ればいいので、そうしようと思います。

 

ダウ平均は最近4時間足でトレードしています。

大きな流れ(売り買い)をつかんでライン抜けでエントリーをしてます。
あまり負けません(笑)

 

 

強い通貨:オセアニア、日本円
弱い通貨:カナダドル、ユーロ

 

 

原油は需要受給バランスがあまり良くないですね。
戻りを確認してからでも遅くないのでエントリーは待ちです。

 

 

 

今週の戦略

 

米ドル売りの勝ちパターン予測が増えてきていますね。
今保有しているドル円売りポジションにプラスで増し玉を検討しています。

 

 

 

豪ドルNZドル日足PT1売りも検討しています。

いまの上昇チャネルを上にブレイクしていますので、そこからのチャネルへの回帰

 

 

 

4時間足でのPT2売り発生で先取りエントリーをしてみようと思っています。

 

 

 

 

上手くいくとは限りませんので、あくまでご参考まで。
勝率は低くなりますが、リスクリワードは少し良くなります。

 

 

 

それでは今週もよろしくお願いします。

ドル売り、豪ドル買い?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年4月13日

目安時間:約 5分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

コロナウイルスが猛威をふるっているなか、けんさんからこのようなプレゼントがありました。

 

※すでに応募締めきっておりますので追加の応募はご遠慮願います。

 

 

私も応募しましたので、もし届きましたら私の友人にプレゼントしたいと思っています。

 

 

こんな時期で投資を始める人も沢山いるようですが、スポーツとかと違い投資は最初から相手はプロなんです。

 

覚えたてだろうが初心者だろうが関係ないので、仮に100万円負けたとしても初心者だから半分返してくれるってこともないです。

 

 

なので、最初はデモでトレードをするとともに資金管理も学んでほしいですね。

 

 

デモトレードで皆さん手法の検証等メインでされていると思いますが、実はデモトレードこそお金を守ること・増やすことにもっとフォーカスしてほしいと思ってます。

 

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測を公開します!

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200413 勝ちパターン発生予測

 

20200413 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

原油は4時間足でPT1売りが出ましたのでさっさと手じまいして利益確定しております。

株式も売りから入りましたが即座に損切り(笑)
売り目線から4時間足PT2での買い目線に切り替えてドテンしました、、、

為替の方では豪ドル、ユーロ売り
ドル、円買い目線でエントリーしましたが久々にマイナスが出ています。

トータルでプラスにはなっていますが、為替の動きが少しぱっとしなかった週でした。

強い通貨:オセアニア
弱い通貨:日本円、米ドル

 

 

今週の戦略

原油日足でのPT4買いも狙ってもいいかと思います。

ただ、業者によってですが原油のロット数が大きい場合がありますので資金に余裕があることを確認してからエントリーを検討くださいませ。

 

PT1の後のPT4、一瞬下落トレンド再開か?と思うような箇所ですね。

そうなることもありますので負けてもいいようにしましょう。

 

 

 

豪ドルの週足でいくつか豪ドル買いの勝ちパターンが発生しており注目しております。

こちらはチャートを載せておきますのでご参考くださいませ。

 

 

ポンド豪ドル週足

 

 

ポンド豪ドル日足

 

 

豪ドルフラン週足

 

豪ドル米ドル週足

 

 

それでは今週もよろしくお願いします。

原油日足PT1買いが炸裂!|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年4月6日

目安時間:約 6分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

先週は原油の日足PT1買いパターンが炸裂しました。

 

 

 

 

私は一足早く4時間足でのPT1発生から少し押したところ20.45-50辺りに分散してエントリーしました。

 

 

4時間足のトレンドラインに抑えられていたのですが、そこを上に抜けた右から2番目の足の終値でエントリー

 

 

 

現在こんな状況になってます。

 

20.5→28.75とすると伸び率40%!!

 

 

破壊力がとてつもないです。

 

でも逆に走る可能性もいつだってあるのでそれも踏まえて資金管理の方はお願いいたします。

 

 

ツイートにも書きましたが、原油価格がマイナス10ドルでも大丈夫なロットでやってましたので、、

 

 

それでは今週も予測を始めます

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200406 勝ちパターン発生予測

 

20200406 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週はなんといっても原油ですね。

バレル20ドルを割れようかというところでの日足PT1発生。

トランプ砲もありますが、歴史的に見ても安いところでの買い勝ちパターン発生です。

 

少しフライングで20.45レベルで購入しました。

 

 

その他の通貨ですが、安全通貨といわれる円、フラン

そして有事のドル買いが進んでいると思います。

 

 

豪ドル・ドルは日足PT5売り発生でエントリー

 

落ちてはいましたが、少し悩むところがあったので微益にて利確。

 

 

「はっきりわからないことはやらない」

「悩んだらやめる」

 

 

これは守っていきたいですね。

それで、後からでいいので

 

「なぜはっきりわからなかったのか?」

「なぜ悩んだのか?」

 

これのレビューをするとトレードレベルが上がると思います。

でないと毎回もやもやと悩んで終わりになります。

 

強い通貨:米ドル、日本円
弱い通貨:ユーロ、フラン、オセアニア

 

 

 

 

 

4月6日週の戦略

 

まだまだ無理しなくてもいい相場です。

 

ボラティリティも大きいのでエントリーする際はストップを設定。
負けてもいい金額にするようロットを減らすなどしてください。

今週は通貨ペアというより株式指数に注目しています。

NYダウ平均など軒並み日足PT5売りが続いています。

 

 

NYダウ日足チャート

 

 

 

UK100 (FTSE100)日足チャート

 

 

 

IT40日足チャート

 

 

上値を切り下げていて、下にある壁を抜きそうな感じにも思います。

 

 

株式はこれ以上落ちると危ないかなと思っていますが、バフェットさんがデルタ株を手放したといった話もあります。

 

これがきっかけになる可能性もありますね。

 

 

 

ご注意くださいませ。

ドル円再下落か?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年3月30日

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

先週は日足のトレードに加え、すこしセミデイトレのようなトレードもしました。

ボラが高く、時間足でいままでの日足のような動きでForex Testerで早回しでトレードしてる感覚ですね。

 

鹿子木式でマーケットの動きをある程度つかめているからか、トータルでは意外なまでのプラスです。

 

 

じゃぁ、デイトレに転向しようか!?

 

 

とは残念ながらなりませんが、非常に楽しい経験でした。

 

 

 

デイトレやってて勝てずに鹿子木式FXにたどり着いて勝てるようになった。

それからデイトレやってみたら勝てるようになった。

 

 

う~ん、また鹿子木式をおススメする理由ができてしまった(笑)

 

 

それでは今週も予測の発表です!

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

先週はポンド円、ポンドフランの売りからエントリー

月曜日は下げたものの、4時間足の動きが本数は足りませんがPT1買いのような動きになっていたため微益のまま利確

 

4時間足PT1で入っていたゴールドも直近安値下に設定した損切りラインにギリギリかからず上昇へと転換、大幅に上げていきました。

 

AUDCHFもPT1発生後にストップを建値に移動したところ押しが入ってこちらも微益

 

ユーロペアの売りについても微益となりました。

先週は珍しく株価指数のデイトレをしていました。

基本は4時間足以上の流れに沿って、PT6やPT5、PT1などでのトレード。

 

ダウ平均は日足でもPT1が発生していましたのでそこはいつも通りの動きでしたね。

 

 

強い通貨:フラン、ユーロ、ポンド
弱い通貨:米ドル、カナダドル、日本円

 

 

3月30日週の戦略

 

先週に引き続き、無理してはいらなくてもいい相場だとは思います。

 

今週は正直これといって入りたくなるような通貨はないのですが、ひとつドル円で戻りがあったらそこで売りでエントリーを検討しています。

 

先週PT1の修正が入ってきている通貨ペアが多いため、今後PT4とかPT5とかが多くなるのかな?と思います。

 

基本に忠実に、センターラインの傾きやBBの状態(収縮、平行、拡大)などしっかりと確認していき市場の大きな動きを読み取っていきましょう。

注目通貨:
ドル円 売り 4時間足

 

 

 

日本円インドネシアルピア(JPYIDR)のチャート

 

今日は日本円と私の第二の故郷のインドネシアルピアのチャートを掲載します。

 

こちら、しばらくは1円=125~135ルピアあたりでの動きでしたが、ここにきて一気に暴落。

リスクオフでのドル資金引き上げの影響が続いているようですね。

 

1998年の大暴落のようにならないことを祈ります。

 

 

《円ルピア日足チャート》

 

《円ルピア月足チャート》

 

 

 

最新の投稿
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

カテゴリー
Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ