今週も無事にトレードを終えることができました。

 

継続してできるということが一番の目標ですので、毎日が感謝です。

 

 

今日は、このツイートで掲載したチャートについて2名の方からDMで質問があったので回答します。

少し応用もはいってますのであくまでご参考まで。

 

 

 

いただいた質問は

 

「下の3本線はどんなインジで、どのように見ているのか?」といった内容でした。

 

解説したいと思います。

 

 

NYダウのトレードに使っているチャート公開

 

 

使用インジケーター

 

 

私が使ってるのはRCIというインジで、パラメータは11, 13, 18です。

この数字はてきとうに決めたのか、どこかネットで落ちてた数字を拾ったんだと思います。

 

チャートは4時間足を使ってます。

 

 

 

トレード方法

 

 

 

 

ここ最近やってたのは押し目がきたときにトレンドラインを引き

RCIが-70%のラインを下から上に抜けるのと同じようなタイミングでトレンドラインを上抜け

 

 

そうなったときに買いエントリーをしていました。

チャートの青の垂直の線のところです。

 

 

今回はその逆で、チャートがダブルトップの形でRCIはすでに+70%ラインを上から下に抜けてる

かつ日足勝ちパターン1売りの前提条件(BB9本以上)が揃っていたのでそろそろだと思っていたんです。

 

 

基本はまだ上目線でいますが、25050を下に抜ければもっと下を目指すと思っております。

 

 

ご参考までに公開いたしました。

 

 

ちなみに、為替の方ではあまりバックテストも芳しくなかったので使ってません。

 

 

為替は、例えばトランプ大統領が「強いドルがいい」とか「ドルは強すぎる」とか言ったりしますが

株式で「株式が強すぎる」とか言わないですもんね。

 

そのあたりの動きの違いだと思います。

 

 

4時間足でのトレードはやはり4時間ごとにチャートを見るためあまりおススメはしません。

 

興味がある方は是非バックテストしてみてください。(リアルトレードはご自分の責任でお願いします)

 

 

 

前置きが長くなりましたが今週もいつものやります。

 

 

今週の発生予測

 

20200615 勝ちパターン発生予測

 

20200615 勝ちパターン順位表

 

 

 

先週は日本円・スイスフランが強く、オセアニア・カナダドルなどの資源国通貨が弱かったです。

 

勝ちパターン1も大量発生しましたね。

けんさんの書籍の発売記念かな?と思っています。

 

 

 

私もいくつかエントリーをしています。

 

エントリー後に少しもどって含み損になっている状態ですが、これが「ポジションを積み上げてる」「エネルギー溜めてる」といった感覚で気持ちよかったりもします。

 

 

ちょっと早かったですが、ユーロドルもエントリーしてみました。

 

 

 

どうなるでしょう笑

 

 

 

それではみなさん良い週末をお過ごしください!

来週も良いトレードになりますように。