昨日ポンド円の売りエントリーのポジションを利確しました。

 

すこししくじったところもありますので合わせて紹介します。

 

 

 

エントリーは日足で行っています。

 

 

 

 

チャート右側の赤い■の箇所です(2か所)

 

最初エントリーした後、他の通貨でポンド買いのサインもでていましたように少し買いが入りました。

ポンド買いでエントリーしたポジションも持っていました。

 

鹿子木式FX|ポンドNZドルの日足勝ちパターン1買いエントリー

※こちらは建値撤退しています。

 

 

エントリーポジションは5つ

 

①134.672

②134.898

③135.004

④135.102

⑤135.194

 

 

オレンジの水平線とセンターラインが重なっていて、そのあたりを超えたらストップです。

 

 

エグジット(失敗例です)

 

 

昨日たまたまチャートを見ていて、4時間足での抵抗線のところでとまったのと

-2σを抜けたのをみて「いったん戻るだろう」と思い利確しました。

 

 

 

 

緑の水平線のあたりです。

 

 

間違っているところですが、この2つだと思っています。

 

 

  1. エントリーした足より短い時間足基準でエグジットした
  2. 期待値の少ない方を選んだ

 

 

 

1つ目は一概に悪いとは決められないのですが、基本的に利益は大きく・損失は少なくと考えているため

自分は日足でエントリーしたらなるべく日足、週足、月足といったところでエグジットを決めたいと思っています。

 

 

2つ目ですが、期待値の問題ですが

 

 

例えば、、、

 

A. 今ここで利確すれば1万円の利益になる

 

B. もう少し待っていれば50%の確率で3万円になる。

 

 

Aの期待値は1万円×100%で1万円

Bの期待値は3万円×50%で1万5000円になります。

 

 

こういうときはBを選ぶべきだと思っていて、今回少しそういった考えが抜けていました。

 

※でもBだとしても1万5000円になるのが来年になるような場合は利確しちゃいますが、、

 

 

今一度原点に立ち戻ってトレードをしたいと思います。

 

 

 

①134.672 → 134.001 (+67.1pips)

②134.898 → 133.999 (+89.9pips)

③135.004 → 134.000 (+100.4pips)

④135.102 → 133.998 (+110.4pips)

⑤135.194 → 133.997 (+119.7pips)

 

 

計 487.5pips / 平均97.5pips