おはようございます。

 

先週のトレードは+1088.5pipsで資金増減は+29.02%でした。

($100チャレンジ用口座の成績ですので、レバ高めです。真似しないでくださいね)

 

 

 

 

ツイッターでも書いたのですが、先週は寒さで朝方なかなか布団からでられなくて

本当にチャートを一瞬だけ見るだけでエントリーなど決めてました。

 

 

 

ポジション調整だけはそういったわけにいかないので時間あって体があったまってるときに

ちょこちょことやってました。

 

 

最初のころを思い返すと、やっぱなかなか勝ちパターンが見えてこなかったときがありました。

週一の予測も3時間も4時間もかかってたと思います。

 

でもそれがあったからこそ今ではパッとみて対応できたりするんでしょうね。

 

トレードがへたくそな私でも練習するとある程度うまくなれると思います。

鹿子木式を始めたばかりの人も、焦らずじっくりと学んでいってくださいね。

 

一度学べば、その後は道がひらけると思います。

 

 

どこかで、ラインの引き方講座なども検討したいと思います。

 

 

 

それでは今週の予測です。

 

20191209 勝ちパターン発生予測

 

20191209 勝ちパターン順位表

 

 

12月2日週の振り返り

 

NZドル、ポンドが強い一週間でした。

 

先週の戦略のとおり、ポンド円・ポンドフランのポジションを持っていれば利益になっていたかと思います。

ユーロNZドルは自分の設定したターゲットに到達したので利確しています。

 

ドル円は逆に下落して、PT5の売りにてエントリー。

 

雇用統計で上に跳ねたらPT4売りでさらにエントリーを予定して指値をいれたおいたのですが、
統計の数字が良いにも関わらず上昇は限定的。
クローズにかけて全戻しになった状況です。

 

 

12月9日週の戦略

 

 

ポンド買い、オセアニア買い
カナダドル、ユーロ、米ドル売りで考えています。

 

円安方向に傾いているかと思いますが、ドル円がなかなか円安方向へいかなかったので
クロス円もそれほど円安にいかないのかな?と考えてます。

 

ポンドドルが日足PT2買いのあと、上昇を続けていってしまいました。
PT2のあとの戻りのPT7を狙っていましたが戻らなかったです。

 

ポンドルのPT7/PT6と重なれば入りやすいですね。

 

 

 

トレードは段取りが重要

 

 

やはり何でも予測して準備することは大切だと思っています。

 

私の好きな野球で例えると

 

3回表の守備についていてノーアウトランナー一塁

ランナーは、そこそこ足もあります。

バッターは8番で、打率は低いけど右打ちが得意

 

そういったときに、バンドでくるのかエンドランか、盗塁か?

想定してプレーするのと、まったくのノープランとでは結果に差がでると思うんです。

 

仕事でも

 

何か案件があがると

「きっとこういった情報を入手しないといけないな」と予測して動く

 

報告も

「この懸案事項があるから、聞かれる前に報告しよう」

 

 

こうやって進めていくと、大きな間違いはなく仕事もできますよね。

 

 

 

多分みなさんもお仕事や、好きなことをやるときにはやっているかと思います。

トレードも段取りすることでだいぶ変わりますよ。

 

ぜひ「段取り」を意識してトレードしてみてください。