先週も無事にトレードを終えることができました。

 

結果はー355.3PIPSと久々に週単位でマイナスでした。

ポンドの急騰にやられたのですが、ストップを入れておかなかったらと思うと震えますね。

 

「ポンドは売り」と思い込んで、必要の無い増し玉をしてしまったので少しマイナス幅が広がりました。

修正して、今週のトレードに臨みたいと思います。

 

また、トレードをされる方は、ストップをいれておくのは必須ですのでお忘れなく。

 

 

 

それでは今週の発生予測です。

 

20191014 勝ちパターン発生予測

 

順位表はこちら

 

20191014 勝ちパターン順位表

 

 

今週の分析内容です。

 

 

10月7日週振り返り

 

先週は戦略がほぼ崩れた週でした。

 

 

オセアニア、ユーロは売りでよかったのですがポンドの巻き戻しが強烈だったため
保有ポジションもストップにかかってしまいました。

 

円は前々週はとても買われていたのですが、節目に近づいた先週売られました。
米ドルもそれほど強さはなく、売られる傾向にありました。

 

 

一番強かったのはポンド、その次にカナダドルといった具合です。

 

 

10月14日週の戦略としては

 

【買い】

米ドル、カナダドル
ポンド (短期)
オセアニア(長期)

 

【売り】

オセアニア(短期)
スイスフラン
ポンド(長期)

円(短期)

 

 

オセアニア通貨は政策金利が下がるという話が聞こえてきますが、
えてしてこういったときは次回下げた時がきっかけで反転することもあります。

 

ポンドはヘッドラインで乱高下していますが、基本的にはいまの状態であれば売りたい。
短期的には買いでも検討できるかな?くらいに考えてます。

 

 

それでは今週も鹿子木式FXでトレードを淡々と進めたいと思います。