「大きく勝ったあと、なぜかトレードスタイルが崩れる」

 

 

私にとっての悩みです。

今日はこの現象の原因と、対策について考えてみたいと思います。

 

ことしの3月ごろに【資産管理】資産推移をグラフにしてわかった3つのことという記事で、資産推移をボリンジャーバンドで表したものを半年ぶりにアップデートしました。 こんなことやってる人あまり見かけないのですが、ボリンジャーバンドの性質(±2σに収まる確率が95.5%)を見たときに『資産も同じようにボリンジャーバンド内に収まるのだろうか?』と考えたのが初めです。

 

でもこれを見ると、自分のトレードの弱点が現れてきます。

 

 

資産推移をボリンジャーバンドであらわしたのがこのグラフです。(2016年1月~現在)

 

 

基本的に右肩上がりは続いています。

黄色のセンターラインも角度の違いはありますが上昇基調を続けています。

 

ただ、1つ気付くことは

 

+2σを越えるとその反動が来て負けが込む

 

 

ただ、これも勝率や獲得pipsを確認すると許容範囲内。

では、何故大勝ちした後に負けるときに大きく負けるか、、、

 

 

 

  • 勝っているときと同じように増し玉していき、最後に全負けしてしまう。
  • 負けたくない気持ちが強くなり、損切りが遅れてしまう
  • 急に資産額が伸びたことに気を良くし、もっと儲けたいと思う気持ちが出る

 

 

ことが原因と考えます。

 

 

理由を3つあげましたが、要するにロットを上げた状態で勝ちパターンが消滅した場合でも損切りをせずストップまで待ってしまっているということだと思います。

 

せっかく勝ちパターンを学んでトレードで勝っていても、資金管理を間違うと資産が思うように増えません。

 

 

トレードをする理由は『資産を増やすこと』

 

 

これを肝に銘じ、9月に大勝ちしたあとの10月は資産管理を間違うことなくトレードしたいと思います。

派手に増やすことはなくても、地道にいつのまにか増やしていければ良いですね。

 

皆様もむりなトレードをせず、資金管理をしっかりとしてください。

 

資金管理セミナーDVDはこちら