豪ドル売り継続か?|2020年2月3日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

 

新型肺炎のニュースが大きく取り上げられる中、ほんとうにひっそりとイギリスがEUから離脱していったと思います。

(日本国内だけかもしれませんが)

 

これがどう為替に影響されるか見ていきたいですね。

個人的には安定してほしいのですが、EUがイギリスに対してどういった政策をとっていくのか?

もしかするとEU離脱でも損をしないとなると他国への影響があるため厳しくイギリスに接するというのもあるかもしれません。

 

気になりますが、トレードとしては勝ちパターンをメインに進めていくだけですね。

 

 

それでは早速今週の発生予測です。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

 

20200203 勝ちパターン発生予測

 

20200203 勝ちパターン順位表

 

 

*PDFをダウンロードしてご覧になってください。

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

予想していた通り、豪ドル円は円高方向へと進んでいきました。

欧州通貨がのきなみ買われた週でしたのでユーロ円は微妙な結果だったと思います。

 

 

注目通貨にはいれてませんでしたが、ポンド円が日足PT7の位置で、4時間足に下髭がいっぱいついていたので朝指値をいれておきました。

 

 

 

帰ってきたら100pips超のプラスと4時間足+2σ超えていたので利確しました。

144.3付近までひっぱろうかと思いましたが、時間効率的にはよかったと思います。

 

 

NZドルフランの日足はー1σを下回り損切り。
その後をみると、いかに損切りが大切かわかりますね。

 

ナイスロスカット!

 

 

 

強い通貨: 欧州通貨、日本円
弱い通貨: オセアニア通貨

 

 

2月3日週の戦略

 

オセアニア通貨、特に豪ドルの売りに注目しています。

また、全般的に資源国通貨(豪ドル、NZドル、カナダドル)が弱く欧州通貨(ユーロ、フラン、ポンド)が強いイメージです。

日本円も安全資産という面で買われやすい地合いではないでしょうか?

 

 

世界中を騒がせるようなトピックスが多く、ブレグジットが想像以上に注目されずに済んだ感じです。

普通にトレードをして、シナリオが崩れたらすぐに撤退できるようにしておいてください。

 

 

注目通貨ペア

 

ポンド米ドル 買い

 

 

 

カナダドルスイスフラン(週足) 売り

 

 

 

クロス円 円買いポジション

 

オセアニア通貨 売りポジション

 

 

 

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。