鹿子木式勝ちパターンBASICのご購入はこちらから

ポンドドル・NZドル米ドル週足で勝ちパターン1買い発生

先週のブログでお伝えしたように、週足で米ドル絡みの勝ちパターン1が発生しております。

ポンドドル(GBPUSD)

ポンドドル(GBPUSD)週足

NZドル米ドル(NZDUSD)

NZドル米ドル(NZDUSD)週足

ポンドドルについては既にセンターライン付近まで来てますね。
スルーするか、もう少し落ちるの待つか、もしくは勝ちパターン1の後の●狙いでいくか、、というところです。

勝率について

私はだいたい利益が伸ばしやすい勝率が7割程度なので、期待も7割程度に考えています。

それを踏まえた上で勝率が高い時や低い時は、自分のトレードを見直しています。

上がると利食いしたくなってないか?
いったん上がってから利確ポイントに行かなくて下がってきたときに利食いしていないか?
上がると買いたくなる/買えなくなる (下がるときは逆)
ボラティリティが上がってくると手をだしたくなる
動かないのに手を出したくなる

そんな時は大抵勝ちパターンではないことをやってたりすることがあります。

「勝って兜の緒を締めよ」ではないかもしれませんが、勝ちすぎてて形を崩さないように。
また、負けが続く時期もトータルで見れるように自分のトレードを見返しましょう。

私も何度も鹿子木式FXのテキストやチャート集を見返して学習しております。
是非皆様もときおり見返してみてください。新しい発見に未だに出会います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次