デイリーチャートチェック 2020年5月27日

目安時間:約 2分

日時: 5月27日 午前4:40-5:05

ドル円
108円超えられず
4時間足TL割れ、下方向か

ユーロ円
118.4円~119円付近は抜けにくい
日足で売ってもいい位置

ポンド円
4時間足TLを上抜け、132.3~132.75付近のゾーンに到達
一旦反落目線で

フラン円
111.4円付近の抵抗付近に到達

カナダドル円
日足TL抜けて上に伸びた。
週足PT1買い+日足PT2買い

NZドル円
レンジ上抜け、日足PT2買い

ユーロドル
1.1000を抜けると日足PT2発生
今は日足で売りだが抜けを待ちたい

ドルカナダドル
日足でもPT2売り発生
増し玉

NZドルドル
日足PT2買い発生

ユーロポンド
日足PT1売り発生

 

ユーロフラン
魚の骨

ポンドフラン
1.1925の抵抗で反落、様子見
※昨日1.1865かと思っていたところ

NYダウ(ダウ平均)
前回高値を上抜け
ストップを建値上に移動、トレールで追っていく

原油(WTI) 7月限
前回高値を少しだけ上回った(34.77)
日足BW PT1売り発生に注意

ゴールド
ストップにかかり損切り

 

 

 

26日のトレード

ゴールドがストップで損切り

ユーロポンド デイトレ(THV)で+15.1pips (+186.6ドル)

 

THVは古いシステムですが、全部のサインを見てもわからないので雲とFast Trackのみを使用。

平均足もよくわからないので通常のローソク足

 

最低でも100トレードくらいは検証したいですね。

ユーロ大きく売られる|2020年2月17日週の鹿子木式FX勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

コロナウイルス(COVID-19)のニュースが多く流れていました。

 

今後ますます影響が広がっていくかと思います。

まずは皆さんも健康を第一に考えていただきたいと思います。

 

トレードも何がおきるかわからないです。

もしかしたら何週間かトレードできない状態になる可能性もあります。

 

 

ストップは確実に置いておくこと

すべて負けてもいいロット数にしておくこと

 

そして、もしトレードしなくてもいいような状態ならトレードしないことも考えてもいいと思います。

 

 

 

今週、家族のパスポート更新で東京へ行く予定があり、当初は2泊していこうと思っていましたが急遽日帰りで行くことになりました。

 

こういったことが大きなところで経済への影響があるのかと思いますが、自分や家族の不安を考えるとしょうがないですね。

 

 

 

私が健康であるうちは、この毎週の分析をアップしていきますのでよろしくお願いします。

 

それでは今週分です

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン順位表

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週はポンドドルの売りで入りましたが往復ビンタを喰らった形になりました。
ユーロドルは戻りを待ってましたが戻ってこずにそのまま下落

 

上手くいかない時はこんなものです

先週はポンドが大きく買われました。
ユーロは指標の悪さもありますが、下落継続していますね。

このような状況になっています。

 

 

強い通貨:ポンド、オセアニア通貨
弱い通貨:ユーロ、フラン

 

 

 

2月17日週の戦略

 

オセアニア通貨が戻してきたので基本は売りで入っていきたいです。
フランが先週売られましたが、買いのパターン発生で買っていくのもよさそうですね。

 

注目通貨ペア

 

ユーロカナダドル 週足売り

 

 

 

 

豪ドル円 日足売り

 

※黄色のゾーンが効いてますね

 

 

鹿子木式FX|勝ちパターン1の過去検証【ドル円2017年11月から現在まで】

目安時間:約 8分

鹿子木式FXで私が大切に、そして基本的な勝ちパターンと考えているのがこの勝ちパターン1(PT1)です。

 

皆さまには勝ちパターン1を真っ先に学び、トレードから利益を得る感覚を覚えていただきたいです。

 

 

とはいえ、なかなか過去チャートを見て、どれくらいの勝率で何pipsくらい勝てるのだろうか?

とか検証確認される方は少ないかと思います。

 

検証するとこういったことが起こります。

 

 

  • 優位性のあるトレードということがわかる
  • 長く続けていくことに優位性があるという自信をもってエントリーができる
  • 意外と連敗することがあるということもわかる
  • 連敗してもいいような資金管理のもとでトレードをすればいいことがわかる

 

 

検証をして、エッジの効いたトレードということがわかればあとは長期的にトレードを続けるための資金管理ですね。

 

 

また、勝ちパターン1だけでも十分利益はでると思いますが、1~10までを学ぶことにより

利益をより増やしていく手助けになってくるかと思います。

 

 

ドル円の勝ちパターン1の検証をしたいと思います。

まずはチャートから

 

 

2017年11月から現在までのチャート

 

青の■が買い、赤の■が売りを意味しています。

 

利益確定ポイントをレ点、損切りポイントを×で示しています。

 

 

 

 

 

検証の際の条件

 

エントリーは勝ちパターン1発生が確定した次の足の始値で4つのポジションを建てたと仮定します。

 

エグジットはCLで半分、±1σで4分の1、±2σで4分の1 (それぞれ第1、第2、第3ターゲットとします)

 

ストップは±2σ、ロスカットは終値で±1σを超えてきたらにしています。

 

第1ターゲットに到達した時点(半分を利確)でストップを建値へ移動します。

 

 

 

検証結果

 

チャートだけをみると、10回トレードチャンスがあって7勝3敗だ、利益になる!!と直感的にもわかるかと思います。

 

 

では、エントリーしてたらどれだけ得や損をしていたのでしょうか?

 

 

エクセルにデータをまとめてみました。

 

 

エントリ日 売り買い エントリー価格 第1ターゲット 第2ターゲット 第3ターゲット 損切 獲得pips
2017/11/30 買い 111.891 112.659 113.202 284.70
2018/2/2 買い 109.363 110.475 222.40
2018/2/21 買い 107.285 106.716 -227.60
2018/5/7 売り 109.112 109.707 -238.00
2018/7/23 売り 111.455 111.19 110.554 110.237 264.90
2018/10/9 売り 113.226 112.85 112.1 111.322 378.20
2018/11/16 売り 113.59 112.954 112.358 250.40
2019/1/16 買い 108.627 109.56 109.883 110.117 461.20
2019/2/27 売り 110.578 110.978 -160.00
2019/5/20 買い 110.028 110.641 122.60
合計 1,358.80

 

 

 

約1年半で、1358.8pipsのプラスになっています。

 

もちろん実際のトレードの際は他の条件(他通貨、他時間軸)も見ますので利益は変わってくると思います。

 

勝ちパターン1のときに、悩ましいのはエントリーを分散したら1つだけエントリーされてそのまま利益方向に向かってしまうってことだと思います。

 

 

 

エントリー分割したけど1つしかポジション持てないことが多い

 

1つの対策としてはエントリー時に4つまとめて成行エントリーという手もあります。

±1σに近い時はそれでいいかと思います。

 

私の場合、エントリーが1つだけだったときは「まあこんなこともあるさ」とあきらめて

ストップを建値に移動しておいて損を無いようにしておき他のトレードに備えています。

 

 

実践していただくとわかりますが、トレードチャンスはいくらでもあります。

 

 

28通貨ペア、どこでいいチャンスが起きないとも限らないので無理する必要はありません。

 

 

 

私の勝ちパターン1成績

 

私の過去の勝ちパターン1の成績を出したいと思います。

 

一時期どのパターンかつけていなかった時期があり、その分は入っていないのですがそれでもいい成績だと自分でも思います。

 

 

パターン トレード回数 勝ちトレード 負けトレード イーブン 勝率 損益合計
PT1 860 585 272 3 68% 36,605

 

 

こちら、各ポジションごとにデータを取っていますので、負ける時は4敗、勝つときは1~4のポジションを持っています。

 

 

これくらいの実践データがとれれば、自信もってトレードができると思います。

 

 

過去データで、検証

デモ口座で実践検証

 

 

こういった形で試してみるのもおススメです。

 

 

 

また検証ソフトで検証をしてみたいと思いますので時間のある時にでも動画撮ってみます。

 

 

 

 

鹿子木式FX|GBPJPY ポンド円利確しました (ちょっと失敗)

目安時間:約 4分

昨日ポンド円の売りエントリーのポジションを利確しました。

 

すこししくじったところもありますので合わせて紹介します。

 

 

 

エントリーは日足で行っています。

 

 

 

 

チャート右側の赤い■の箇所です(2か所)

 

最初エントリーした後、他の通貨でポンド買いのサインもでていましたように少し買いが入りました。

ポンド買いでエントリーしたポジションも持っていました。

 

鹿子木式FX|ポンドNZドルの日足勝ちパターン1買いエントリー

※こちらは建値撤退しています。

 

 

エントリーポジションは5つ

 

①134.672

②134.898

③135.004

④135.102

⑤135.194

 

 

オレンジの水平線とセンターラインが重なっていて、そのあたりを超えたらストップです。

 

 

エグジット(失敗例です)

 

 

昨日たまたまチャートを見ていて、4時間足での抵抗線のところでとまったのと

-2σを抜けたのをみて「いったん戻るだろう」と思い利確しました。

 

 

 

 

緑の水平線のあたりです。

 

 

間違っているところですが、この2つだと思っています。

 

 

  1. エントリーした足より短い時間足基準でエグジットした
  2. 期待値の少ない方を選んだ

 

 

 

1つ目は一概に悪いとは決められないのですが、基本的に利益は大きく・損失は少なくと考えているため

自分は日足でエントリーしたらなるべく日足、週足、月足といったところでエグジットを決めたいと思っています。

 

 

2つ目ですが、期待値の問題ですが

 

 

例えば、、、

 

A. 今ここで利確すれば1万円の利益になる

 

B. もう少し待っていれば50%の確率で3万円になる。

 

 

Aの期待値は1万円×100%で1万円

Bの期待値は3万円×50%で1万5000円になります。

 

 

こういうときはBを選ぶべきだと思っていて、今回少しそういった考えが抜けていました。

 

※でもBだとしても1万5000円になるのが来年になるような場合は利確しちゃいますが、、

 

 

今一度原点に立ち戻ってトレードをしたいと思います。

 

 

 

①134.672 → 134.001 (+67.1pips)

②134.898 → 133.999 (+89.9pips)

③135.004 → 134.000 (+100.4pips)

④135.102 → 133.998 (+110.4pips)

⑤135.194 → 133.997 (+119.7pips)

 

 

計 487.5pips / 平均97.5pips

鹿子木式FX|XRPUSD(リップル)の日足で勝ちパターン1買い発生

目安時間:約 1分

昨晩花火大会へ子供を連れて行って帰りが遅くなり、なかなか朝起きるのがつらかったです。

でも子供たちや妻が喜んでくれたので連れて行った甲斐がありました

 

今朝はXRPUSDでの日足勝ちパターン1の発生で買いエントリーを予定しています。

 

仮想通貨トレードはあまり慣れていないので、最小ロット(0.30 = 300 XRP)でエントリーしています。

 

しばらく様子見ですね。

 

ドルカナダドルポジションの利確(4時間足勝ちパターン1売り発生)

目安時間:約 3分

先日エントリーしたばかりのドルカナダドルの買いポジション

 

鹿子木式FX|ドルカナダドルの日足で買いの勝ちパターン1発生???

 

 

もともと週足の売りパターン警戒していたのもあって、4時間足で勝ちパターン1を確認した時点で利確してしまいました。

12~14pips/ポジションくらいのプラスでした。

 

 

 

 

不安に思うことがあればさっさとポジション整理するのが得策だと最近は思うようになりました。

私生活や仕事の時間にそちらに心をもっていかれると、本来「なんでトレードしているか」の意味合いが薄れてしまうからです。

 

私の場合

 

 

「利益を出し、自分と家族、そして周りの人たちが幸せな生活を送るため」

 

 

が目的です。

 

 

 

鹿子木式FX勝ちパターントレード講座BASICのご紹介

 

下記リンクより鹿子木式FXベーシックをご購入されました方には、個別での相談もうけつけております。

圧倒的な実例チャートの数でパターンを刷り込むことでしっかりと学ぶことができます。

 

そして学んでトレードで利益を出すことで実質無料どころか資産を増やすこともでき大変お得です。

 

 

 

『ソフィア FX』

鹿子木式FX勝ちパターンをベースにした、FXを学ぶコミュニティでも学ぶことができます。

私はこちらに「1週間の勝ちパターン発生予測」を投稿していますので是非探してみてください!

8日間の無料期間がありますので、お気軽にお試しください。

 

 

 

 

友だち追加

 

鹿子木式FXについてのご購入前やご購入後のご質問もLINEで受け付けております。

もし私のブログから「鹿子木式FX勝ちパターントレード講座」買ったよ!とかSOPHIA FX入ったよ!という方いらしたら是非お声かけください。

利益がだせるようになるまで、一緒に学んでいきましょう!

 

追加されましたら是非スタンプのひとつでも送っていただけますと嬉しいです

 

 

 

鹿子木式FX勝ちパターン発生予測|2019年7月1日週

目安時間:約 3分

ファーウェイの禁輸措置解除や米中首脳会談での追加関税延期のニュースが出ていますね。

 

週明け窓をあけそうかと思いますが、皆様レバレッジは管理されていますでしょうか?

ストップロスやレバレッジなど、負けるときのことを管理できないとトレードでは勝てないかと思いますよ。

 

大きく窓を開けても大丈夫な資金管理を行ってください。

 

 

鹿子木式FX勝ちパターン予測

 

毎週公開はしていませんが、今週の予測を公開したいと思います。

 

手書きなのはご容赦ください。

 

 

 

 

勝ちパターン発生予測2019年7月1日週

 

 

オセアニア通貨とカナダドルが強いですね。

NZドル>豪ドル>カナダドルといった順番でしょうか。

 

 

注目の通貨

 

 

先週までで月足も確定して、月レベルでの動きもでてきそうです。

 

その中でも注目している通貨はドル円です。

 

 

 

ドル円月足ペナント下抜け

 

 

ドル円の月足で大きなペナントを形成していたのですが、いよいよ下抜けしてきました。

月足ですのでこの値幅程度だと誤差の範囲で終わる可能性もあります。

 

安易にドル円売りでエントリーするのではなく、都度勝ちパターン発生の際に取っていくイメージです。

 

週末のニュースで一旦上にいきそうですが、月足レベルの動きは見ておいても損はないと思います。

 

是非ご参考までに。

鹿子木式FX GOLD(金)の週足と4時間足を使ったトレード

目安時間:約 3分

GOLDの週足抵抗線の位置で、4時間足を見て売りでエントリーしました。

 

 

エントリー根拠

 

週足の抵抗線(ゾーン)はチャートの紫の水平線の辺りでみています。

ここを抵抗とみて、短い足でのエントリーを狙いました。

 

 

GOLD週足チャート

 

 

4時間足で鹿子木式FX 勝ちパターン1が発生し、エントリー

チャート赤丸の部分です。

 

GOLD 4時間足チャート

 

日足でも鹿子木式FX 勝ちパターン1待ちですね。

赤丸のところで待ってましたが、戻っています。

 

GOLD 日足チャート

 

 

 

日足の勝ちパターン発生を待つのもいいのですが、週足の抵抗に近い位置になるとこういった4時間足を使ったトレードも行います。

普段は4時間足をメインにトレードすることはなく、月足→週足→日足の順番でのトレードが多いと思います。

 

 

 

鹿子木式FX勝ちパターントレード講座BASICのご紹介

 

私のトレードをみて、鹿子木式FXに興味を持たれた方、是非鹿子木式FXで詳しく学ぶことをご検討ください。

 

下記リンクより鹿子木式FXベーシックをご購入されました方には、個別での相談もうけつけております。

全てに回答できるわけではありませんが、自分がエントリーした根拠などの説明もできればと思っております。

 

私がそうであったように、なかなか勝てない時期は大変不安だったりします。

少しでも鹿子木式FXで皆様の利益の手助けができればと考えています。

 

鹿子木式FX 勝ちパターンでのエントリー GBPUSD

目安時間:約 3分

(2019年6月14日 21:26更新)

 

 

今朝指値にしていたポンドドルが刺さっていましたので更新しました。

 

GBPUSDでの鹿子木式勝ちパターンの発生待ち

 

写真青い丸のところで待っています。

 

そこまで下がるかな?

ストップもある程度タイトにしています。

 

 

 

 

エントリー

21:30現在、3つの指値にかかりました。

①1.264 ②1.2635 ③1.263

 

 

 

結果はどうなるのでしょうか?

 

 

 

鹿子木式FXはどこで学ぶのですか?

 

毎回鹿子木式FXをさせていただいております。

 

鹿子木式FXは現在書籍(PT1とPT2)、それに鹿子木式FX勝ちパターントレード講座(PT1~PT7)で学ぶことが可能です。

PT1については大変利益を取りやすいようになっています。

是非皆様にも学んで、利益を出すトレードをしていただきたいです。

 

 

鹿子木式FX勝ちパターントレード講座をこちらのリンクからご購入いただいた方にも毎週の予測をシェアさせていただきたいと思います。

 

 

『ソフィア FX』

 

 

 

 

 

友だち追加

 

鹿子木式FXについてのご購入前やご購入後のご質問もLINEで受け付けております。

追加されましたら是非スタンプのひとつでも送っていただけますと嬉しいです。

鹿子木式FX 振り返り EURCHF 勝ちパターン1 利確 フィボナッチ

目安時間:約 3分

6月10日にエントリーしたEURCHFペアを利益確定しました。

 

鹿子木式FX 勝ちパターン1発生 [GBPJPY, EURCHF, CADCHF]

 

 

 

エントリー内容

 

6月7日の終値で勝ちパターン1(PT1)の発生を確認。

10日朝にエントリーを予定しますが上に窓開けをしてのスタートとなりました。

 

そのため、7日終値 1.1192 から1.1177まで4分割で指値

結果 1.1192 のみ指値にかかりました。

 

 

利益確定

 

1ポジションの保有の際、ターゲットの設定に悩むことがあります。

第1ターゲットだけになってしまうので、センターラインだと近すぎる、、と思うことがあります。

 

今回は買いでのエントリーでしたので下落幅にフィボナッチリトレースメントをあててみました。

11日にセンターライン付近まで勢いよく上がっていたため、38.2%戻しの 1.12548に指値を置きました。

数日後に+1σが下がってきてその位置にくるかという推測です。

 

12日も勢いがあり、1.12565 で利益確定されていました。(勢いがあって少しずれたみたいです)

 

 

 

トレード結果

 

エントリー:1.11920

利確   :1.12565

 

獲得pips 64.5pips (平均64.5pips)

 

今回たまたまうまくいきました。

他の通貨で利益がでているので「±ゼロでいいや」という思いで第1ターゲットをずらしました。

 

複数ポジションがもてていたら確実に第1ターゲットで利確していたと思います。

あまりマネをしないでくださいね。

 

 

保有ポジション

 

ドル円売り (PT2)

スイスフラン円売り (PT7)

ドルカナダドル売り (PT2)

豪ドルドル買い (PT1)

 

ドル円以外は基本放置です。

最新の投稿
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

カテゴリー
Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ