先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

先週は日足のトレードに加え、すこしセミデイトレのようなトレードもしました。

ボラが高く、時間足でいままでの日足のような動きでForex Testerで早回しでトレードしてる感覚ですね。

 

鹿子木式でマーケットの動きをある程度つかめているからか、トータルでは意外なまでのプラスです。

 

 

じゃぁ、デイトレに転向しようか!?

 

 

とは残念ながらなりませんが、非常に楽しい経験でした。

 

 

 

デイトレやってて勝てずに鹿子木式FXにたどり着いて勝てるようになった。

それからデイトレやってみたら勝てるようになった。

 

 

う~ん、また鹿子木式をおススメする理由ができてしまった(笑)

 

 

それでは今週も予測の発表です!

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

先週はポンド円、ポンドフランの売りからエントリー

月曜日は下げたものの、4時間足の動きが本数は足りませんがPT1買いのような動きになっていたため微益のまま利確

 

4時間足PT1で入っていたゴールドも直近安値下に設定した損切りラインにギリギリかからず上昇へと転換、大幅に上げていきました。

 

AUDCHFもPT1発生後にストップを建値に移動したところ押しが入ってこちらも微益

 

ユーロペアの売りについても微益となりました。

先週は珍しく株価指数のデイトレをしていました。

基本は4時間足以上の流れに沿って、PT6やPT5、PT1などでのトレード。

 

ダウ平均は日足でもPT1が発生していましたのでそこはいつも通りの動きでしたね。

 

 

強い通貨:フラン、ユーロ、ポンド
弱い通貨:米ドル、カナダドル、日本円

 

 

3月30日週の戦略

 

先週に引き続き、無理してはいらなくてもいい相場だとは思います。

 

今週は正直これといって入りたくなるような通貨はないのですが、ひとつドル円で戻りがあったらそこで売りでエントリーを検討しています。

 

先週PT1の修正が入ってきている通貨ペアが多いため、今後PT4とかPT5とかが多くなるのかな?と思います。

 

基本に忠実に、センターラインの傾きやBBの状態(収縮、平行、拡大)などしっかりと確認していき市場の大きな動きを読み取っていきましょう。

注目通貨:
ドル円 売り 4時間足

 

 

 

日本円インドネシアルピア(JPYIDR)のチャート

 

今日は日本円と私の第二の故郷のインドネシアルピアのチャートを掲載します。

 

こちら、しばらくは1円=125~135ルピアあたりでの動きでしたが、ここにきて一気に暴落。

リスクオフでのドル資金引き上げの影響が続いているようですね。

 

1998年の大暴落のようにならないことを祈ります。

 

 

《円ルピア日足チャート》

 

《円ルピア月足チャート》