ドル円再下落か?|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年3月30日

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

先週は日足のトレードに加え、すこしセミデイトレのようなトレードもしました。

ボラが高く、時間足でいままでの日足のような動きでForex Testerで早回しでトレードしてる感覚ですね。

 

鹿子木式でマーケットの動きをある程度つかめているからか、トータルでは意外なまでのプラスです。

 

 

じゃぁ、デイトレに転向しようか!?

 

 

とは残念ながらなりませんが、非常に楽しい経験でした。

 

 

 

デイトレやってて勝てずに鹿子木式FXにたどり着いて勝てるようになった。

それからデイトレやってみたら勝てるようになった。

 

 

う~ん、また鹿子木式をおススメする理由ができてしまった(笑)

 

 

それでは今週も予測の発表です!

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン発生予測

 

20200330 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

先週はポンド円、ポンドフランの売りからエントリー

月曜日は下げたものの、4時間足の動きが本数は足りませんがPT1買いのような動きになっていたため微益のまま利確

 

4時間足PT1で入っていたゴールドも直近安値下に設定した損切りラインにギリギリかからず上昇へと転換、大幅に上げていきました。

 

AUDCHFもPT1発生後にストップを建値に移動したところ押しが入ってこちらも微益

 

ユーロペアの売りについても微益となりました。

先週は珍しく株価指数のデイトレをしていました。

基本は4時間足以上の流れに沿って、PT6やPT5、PT1などでのトレード。

 

ダウ平均は日足でもPT1が発生していましたのでそこはいつも通りの動きでしたね。

 

 

強い通貨:フラン、ユーロ、ポンド
弱い通貨:米ドル、カナダドル、日本円

 

 

3月30日週の戦略

 

先週に引き続き、無理してはいらなくてもいい相場だとは思います。

 

今週は正直これといって入りたくなるような通貨はないのですが、ひとつドル円で戻りがあったらそこで売りでエントリーを検討しています。

 

先週PT1の修正が入ってきている通貨ペアが多いため、今後PT4とかPT5とかが多くなるのかな?と思います。

 

基本に忠実に、センターラインの傾きやBBの状態(収縮、平行、拡大)などしっかりと確認していき市場の大きな動きを読み取っていきましょう。

注目通貨:
ドル円 売り 4時間足

 

 

 

日本円インドネシアルピア(JPYIDR)のチャート

 

今日は日本円と私の第二の故郷のインドネシアルピアのチャートを掲載します。

 

こちら、しばらくは1円=125~135ルピアあたりでの動きでしたが、ここにきて一気に暴落。

リスクオフでのドル資金引き上げの影響が続いているようですね。

 

1998年の大暴落のようにならないことを祈ります。

 

 

《円ルピア日足チャート》

 

《円ルピア月足チャート》

 

 

 

株価暴落、ドル強し|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年3月23日

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

ボラティリティがひろがっていて、いつもの日足レベルでの動きを時間足でやっているように思えます。

 

しかも、感覚的には株を売ったり、既存のポジションを手放して資金をキャッシュで持っておきたいという動きに思えます。

 

 

なかなかついていくのが難しいと思ったらエントリーはしないのが正解ですね。

 

トレードされる方も、動きが激しいためストップは必ずいれて含み益が出てきたら建値にストップ移動など防衛手段を講じていただきたいと思います。

 

そもそも今この時期にトレードしなくても、、と思うところもありますので無理はせずに資金を枯渇しないように守っていきましょう。

 

 

 

それでは今週も発生予測を公開します。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200323 勝ちパターン発生予測

 

20200323 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

ドル円は高値112.22から101.17まで大きく下落した後の戻し61.2%付近で売りエントリー

 

G7があるの忘れていたのと、4時間足で陽線がでれば買いのパターンになることからそこで利確しました。

 

鹿子木式FXの勝ちパターンでも日足で売りになっていたところです。

 

 

その後ドル円は日足PT5売りが出ましたが、こちらはあっさりと損切りです。

 

 

カナダドルスイスフラン(私はキャンチーフと呼んでます)は、週明け早々に日足売りパターンで売りエントリー

含み益の状態でストップを建値ちょっと下に移動

結局上がってきてストップにかかってしまい微益にて終わりました。

木曜日の終値で-1σを超えてきたため日足PT1勝ちパターン発生。

日足で買いエントリーをしましたが週足・月足の売りパターン
原油価格の下落等ありましたのでさっさと利確してしまいました。

「悩んだらやめる」

これが一番ですね。

強い通貨:米ドル、日本円、スイスフラン
弱い通貨:オセアニア、ポンド

いつもの通貨が残ってるようなイメージですね。

 

3月23日週の戦略

先週に引き続き、無理してはいらなくてもいい相場だとは思います。

 

もし既に利益が出ているのであれば、その利益をリスクにする感覚で、元本を減らさないようにしていきましょう。

もしマイナスになっている方がいらっしゃったらもう少し落ち着くまで待った方がいいかもしれません。

 

PT6のパターン予測が沢山でています。

 

こういった時にエントリーしたとたんに巻き返しがおきたりすると

 

 

「やばい!」

って状態になりますのでPT2などで利益を出しておいて、それを担保にトレードするということも考慮いただければと思います。

 

 

買いを検討:ドル、日本円、フラン
売りを検討:豪ドル、ポンド

 

 

また上手く波にのれますように。

ドル円乱高下続くか?でも目線は…|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年3月16日

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

市場が混乱しているようで、動きが激しいのですがやはりこういった時も落ち着いてトレードすることが大切です。

もしトレードしなくていいのであればトレードをしなくてもいいかもしれませんね。

 

コロナウイルスの情報が錯そうしていて、非常事態宣言も出されている国や都市がとても多いです。

 

そんな中で、イギリスの取り組みがとても興味深いですね。

(BBCのサイト、別窓で開きます)

 

なぜイギリスは学校を閉じないのか 新型ウイルス対策で独自路線の理由 

 

発症者のピークを病院の閑散期である夏ごろまでに遅らす

国民に免疫をつけさせておく

 

これがいいのかどうかわかりませんが、少なくとも軽症者も病院に殺到し医療崩壊をおこすよりかはいいかな?と思います。

 

ちなみに先日病院へ花粉症の薬をもらいに行ったら患者さんがとても少なかったです。

お医者さんに聞いたら皆手洗いやマスク等気を付けているので風邪やインフルエンザの数も減ってきているって言ってました。

 

通常の(?)風邪やインフルエンザなどに気を付けることも治療が必要なコロナウイルス感染者へ医療の余地を向けることができるのでそれはそれで大切ですね。

 

 

前置き長くなりましたが、今週の分析です。

 

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200316 勝ちパターン発生予測

 

20200316 勝ちパターン順位表

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

ドル円は先々週終値の105.27円付近から104.10付近と大きく窓を開けて先週はスタートしました。

101.17まで下げて108.47まで一気に上げるなど動きがとても激しかったです。

 

先週は日本円の売りポジション、カナダドルスイスフラン売りのポジションがターゲットに到達して利確しています。

 

 

強い通貨:米ドル、ユーロ、カナダドル
弱い通貨:ポンド、豪ドル

 

 

ゴールドや原油、株価も大きく落としています。
資金が市場から引き上げられているような感覚ですね。

 

「こちらのお金がこちらに流れている」といったのをよく聞きますが、大口が「現金で持つ」という選択肢を取っている可能性も考慮したいですね。

 

3月16日週の戦略

 

先週大きく動いたため、今週無理して入る必要はないかと思っています。

 

ドル円は大きく戻したわりにセンターラインで抑えられているのでここでPT7、もしくはPT5の売りを待ってもいいかもしれません。

 

 

 

月曜日の朝一に窓開けしてなければエントリーを予定しています。

下窓の場合、戻りを待って売り。 動きが激しいのでストップはきっちりとおいておきます。

 

 

カナダドルスイスフランは当初のターゲットの0.68まで到達。
少し戻りがあって、現在PT6の位置にあります。

 

 

 

 

売りでエントリーを予定していて、ターゲットは0.648 / 0.5965 / 0.565 に置く予定です。。

こちらもPT1が発生したらすぐに逃げます。

注目通貨

ドル円: 日足売り
カナダドルスイスフラン:日足売り

カナダドルは月足単位でも注目しています。

日本円、スイスフランの安全通貨強い|鹿子木式FX 勝ちパターン発生予測 2020年3月9日

目安時間:約 3分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

ここ何週間か、ずっとコロナウイルスの話でいっぱいですね。

 

ニュースみてて、今まで感染者300人とか言っていたのが

 

「1000人超えました」

 

と言っていたので驚いてたら、突然クルーズ船の患者数を入れ始めたのですね。

 

報道ベースではどちらかに統一してほしいですね。

なんだか急激に増えた感覚になります。

 

 

為替の動きも日々大きく変動しています。

こんなときは週足や月足などでトレードするのがいいですね。

 

 

それでは早速今週の予測にいきます。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200309 勝ちパターン発生予測

 

20200309 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

先週の結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週は決済した通貨ペアはありませんが
新たに円買いポジションを追加しています。

強い通貨:日本円、スイスフラン
弱い通貨:カナダドル、米ドル、オセアニア通貨

保有しているクロス円ペア
カナダドルスイスフラン売りのポジションがプラスになってきました。

 

 

3月9日週の戦略

 

コロナの影響でだいぶ経済の状況が怪しくなってきました。

また、トルコからEU圏への難民流入の話も出てきています。

 

暫くは大口の「今持っているポジションの解消」がある程度続くのではないでしょうか?

 

 

安全通貨といわれる日本円、スイスフランがいつまで買われるのか?
米ドル、ユーロの動きは?

通貨自体へ資金を持っているよりも金や仮想通貨へ移動するのでは?

 

 

と追っていきたいのですが、短期のニュースとかでやられる場合もあります。
暫くは週足をベースに取引を続けたいと思います。

 

 

注目通貨ペア

ユーロポンド日足 売り
カナダドルスイスフラン 日足売り (増し玉)

ユーロ大きく売られる|2020年2月17日週の鹿子木式FX勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

コロナウイルス(COVID-19)のニュースが多く流れていました。

 

今後ますます影響が広がっていくかと思います。

まずは皆さんも健康を第一に考えていただきたいと思います。

 

トレードも何がおきるかわからないです。

もしかしたら何週間かトレードできない状態になる可能性もあります。

 

 

ストップは確実に置いておくこと

すべて負けてもいいロット数にしておくこと

 

そして、もしトレードしなくてもいいような状態ならトレードしないことも考えてもいいと思います。

 

 

 

今週、家族のパスポート更新で東京へ行く予定があり、当初は2泊していこうと思っていましたが急遽日帰りで行くことになりました。

 

こういったことが大きなところで経済への影響があるのかと思いますが、自分や家族の不安を考えるとしょうがないですね。

 

 

 

私が健康であるうちは、この毎週の分析をアップしていきますのでよろしくお願いします。

 

それでは今週分です

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン発生予測

 

20200217 勝ちパターン順位表

 

※PDFファイルですので右クリックで保存してから開いてください。

 

 

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週はポンドドルの売りで入りましたが往復ビンタを喰らった形になりました。
ユーロドルは戻りを待ってましたが戻ってこずにそのまま下落

 

上手くいかない時はこんなものです

先週はポンドが大きく買われました。
ユーロは指標の悪さもありますが、下落継続していますね。

このような状況になっています。

 

 

強い通貨:ポンド、オセアニア通貨
弱い通貨:ユーロ、フラン

 

 

 

2月17日週の戦略

 

オセアニア通貨が戻してきたので基本は売りで入っていきたいです。
フランが先週売られましたが、買いのパターン発生で買っていくのもよさそうですね。

 

注目通貨ペア

 

ユーロカナダドル 週足売り

 

 

 

 

豪ドル円 日足売り

 

※黄色のゾーンが効いてますね

 

 

豪ドル買戻しも限定的|2020年2月10日週の鹿子木式FX勝ちパターン発生予測

目安時間:約 4分

先週も無事にトレードを終えることができました。

 

 

先週はオーストラリアのRBAで豪ドルの買戻しがありましたが、限定的でしたね。

中国とのつながりが大きいといわれているので、今回の新型肺炎の件が影響しているのかもしれません。

 

本日はあまり時間がないので、さっそく今週の分析を展開します。

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200210 勝ちパターン発生予測

 

20200210 勝ちパターン順位表

 

 

※PDFファイルですので右クリックに保存してから開いてください。

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

ポンド米ドルはエントリー直後に反対方向へ大きく動きロスカットになりました。

その後レジサポゾーンを下抜けて日足PT2売りが発生と判断。

現在ポンド米ドル売りのポジションでエントリー中です。

 

 

 

豪ドルはRBAで一旦上げましたが、中国との経済のつながりが大きいという認識もあってかまた下げました。

豪ドル円でチャート黄色のゾーンで売り指値を入れていましたが、刺さらずにスルーになっています。

 

 

 

 

ユーロ円はPT2からのPT〇で売りエントリー

 

 

 

 

勝ちパターンの組み合わせは無限大なので、こういったの覚えて得意なパターンを見つけるといいですよ。

こちらのリンクから購入された方はサポートしますので教えてくださいね。
(すでに購入された方もご連絡ください)

 

 

 

『FX勝ちパターントレード講座(ベーシック)』

相場の本質がわかり、相場の循環をとらえ、自己管理が出来るトレードへ

 

 

 

カナダドルスイスフランの週足PT2は戻していますが、BBも開いていますし、保有継続です。

 

 

強い通貨: 米ドル、スイスフラン、日本円
弱い通貨: オセアニア通貨、ユーロ

 

 

 

2月10日週の戦略

 

先週の流れから、欧州通貨が少し下げてきているようです。
オセアニア通貨は豪ドルが少し上げましたが、まだまだ下方向の力が強いですね。

 

 

欧州通貨・オセアニア通貨売り
米ドル・スイスフラン・日本円買い

 

 

注目通貨ペア

 

日足
ユーロ米ドル 売り

 

ポンドスイスフラン 売り

 

 

 

 

週足

カナダドルスイスフラン 売り

豪ドルスイスフラン 売り

 

 

 

豪ドル売り継続か?|2020年2月3日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 5分

先週もおかげさまで無事にトレードを終えることができました。

 

 

新型肺炎のニュースが大きく取り上げられる中、ほんとうにひっそりとイギリスがEUから離脱していったと思います。

(日本国内だけかもしれませんが)

 

これがどう為替に影響されるか見ていきたいですね。

個人的には安定してほしいのですが、EUがイギリスに対してどういった政策をとっていくのか?

もしかするとEU離脱でも損をしないとなると他国への影響があるため厳しくイギリスに接するというのもあるかもしれません。

 

気になりますが、トレードとしては勝ちパターンをメインに進めていくだけですね。

 

 

それでは早速今週の発生予測です。

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

 

20200203 勝ちパターン発生予測

 

20200203 勝ちパターン順位表

 

 

*PDFをダウンロードしてご覧になってください。

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

予想していた通り、豪ドル円は円高方向へと進んでいきました。

欧州通貨がのきなみ買われた週でしたのでユーロ円は微妙な結果だったと思います。

 

 

注目通貨にはいれてませんでしたが、ポンド円が日足PT7の位置で、4時間足に下髭がいっぱいついていたので朝指値をいれておきました。

 

 

 

帰ってきたら100pips超のプラスと4時間足+2σ超えていたので利確しました。

144.3付近までひっぱろうかと思いましたが、時間効率的にはよかったと思います。

 

 

NZドルフランの日足はー1σを下回り損切り。
その後をみると、いかに損切りが大切かわかりますね。

 

ナイスロスカット!

 

 

 

強い通貨: 欧州通貨、日本円
弱い通貨: オセアニア通貨

 

 

2月3日週の戦略

 

オセアニア通貨、特に豪ドルの売りに注目しています。

また、全般的に資源国通貨(豪ドル、NZドル、カナダドル)が弱く欧州通貨(ユーロ、フラン、ポンド)が強いイメージです。

日本円も安全資産という面で買われやすい地合いではないでしょうか?

 

 

世界中を騒がせるようなトピックスが多く、ブレグジットが想像以上に注目されずに済んだ感じです。

普通にトレードをして、シナリオが崩れたらすぐに撤退できるようにしておいてください。

 

 

注目通貨ペア

 

ポンド米ドル 買い

 

 

 

カナダドルスイスフラン(週足) 売り

 

 

 

クロス円 円買いポジション

 

オセアニア通貨 売りポジション

 

 

 

 

それでは今週もよろしくお願いいたします。

鹿子木式FX|2020年1月27日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 3分

おはようございます。

 

新型肺炎のニュースが飛び交ってますね。

心配になって情報を集めたりしてますが、まずは基本(うがい、手洗い、マスク)を忘れずにすることが大切かと思います。

 

できることをしっかりやっていく

 

トレードでも生活でも大切なことですね。

 

 

それでは今週も勝ちパターン発生予測をしたいと思います。

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

20200127 勝ちパターン発生予測

 

20200127 勝ちパターン順位表

 

 

 

結果と今週の戦略

 

先週の結果

 

先週注目していたユーロドルは予測通りに下落し利確しています。
豪ドルカナダドルはいったん下落しましたが、一気にあがったため建値決済になっています。

 

カナダドルの政策金利据え置きだったのですが、議事録の文言がかわったようですね。「現在の金融政策は適切」の削除、「10月の予測よりも成長が弱い」というのに反応してカナダドル安になったのかと思います。

 

強い通貨: 日本円、ポンド
弱い通貨: カナダドル、ユーロ、豪ドル

 

NZドルフランの日足でバンドウォーク8本だったのですが-1σを超えてきたのでエントリーしています。
下落が足りないところが気になりますが週足センターラインで抑えられればいけると思いました。

 

 

1月27日週の戦略

 

今週は無理して入る必要はないかと思ってますが、チャートを見てチャートが「エントリーして」って言ってくるようなところで入りたいと思います。

 

日本円買いたいですね。
豪ドル円は下窓大きく開けないようでしたらエントリーしたい形ですね。

 

 

 

注目通貨ペア

 

豪ドル円 売り

 

 

ユーロ円 売り

(戻り待ち)

 

 

 

気が付けばPT2の頻度がかなり高いですね。

私にとっては一番見つけやすいパターンです。

鹿子木式FX|2019年1月20日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 5分

おはようございます。

先週もおかげさまで無事トレード終了することができました。

 

勝ちパターン発生予測についてアンケートも取らせていただきました。

回答いただいた方々に感謝しております。

 

自分の感覚では10名くらい見て頂いているのかな?と思っていたのですが思ったより多く驚きました。

 

今後も続けていきますので皆様のお役に立てればとても嬉しいです。

 

 


 

 

こうやって発生予測すると、自分のトレードにプラスになることが多くあります。

 

メリット・デメリットを考えてみました

 

 

 

勝ちパターン発生予測のメリット・デメリット

 

 

メリット

 

  • 事前準備をすることで、トレードへの迷いがなくなる
  • 複数時間足×複数通貨の分析が無意識にできてくるため勝てるようになる(=資産を増やせる)
  • 「なんかこの相場、エントリーしたくないな」というのがわかるのでエントリーを避けることができる

 

 

デメリット

 

  • 1週間に1時間半くらい時間を取らないといけない

 

 

あまりデメリットはないので試してみるといいかと思います。

 

 

もしやってみたいという方、エクセルフォーマットをお渡ししますので一番下のお問合せフォームからご連絡ください。

Eメールにて送付させていただきます。

 

 

 

今週の勝ちパターン発生予測

 

それでは今週の勝ちパターン発生予測を展開します。

 

 

20200120 勝ちパターン発生予測

 

20200120 勝ちパターン順位表

 

 

1月20日週の戦略

 

先週までの結果

 

 

強い通貨: スイスフラン、カナダドル
弱い通貨: 日本円、ユーロ、 豪ドル

 

 

米ドルも比較的強いほうだったと思います。

 

ユーロスイスフランは自分の設定したターゲットにほぼ到達していますが、下落の勢いが強く止まりそうにないですね。 PT2がきれいに決まった例だと思います。

 

今週は米ドル、カナダドルの買いサインとユーロ・オセアニア通貨の売りに注目しています。

 

 

注目通貨ペア

 

ユーロドル日足 売り

 

 

 

豪ドルカナダドル 売り

 

 

 

 

勝ちパターン発生予測のエクセルフォーマットお申込み

 

こちらに記載の上でお申し込みくださいませ。

 

 

 

 

鹿子木式FX|1月6日週の勝ちパターン発生予測

目安時間:約 3分

みなさま新年あけましておめでとうございます。

今年も何卒よろしくお願いいたします。

 

また、皆様方においてトレードでプラスになる年であるよう、

皆さまの目的が達成できるようお祈り申し上げます。

 

 

さて、この年末年始の間にいろんなニュースがありました。

 

  • カルロス・ゴーン氏レバノンへ出国
  • アメリカがイランのソレイマニ司令官を殺害
  • 北朝鮮が核開発やICBMの実験を再開
  • 香港の元日のデモで400人超逮捕

 

 

トレーダーからすると資金をどこに移していこうか、、、と考えるような事柄もおおいですよね。

安全に、増やしていけるようなところへ投資をしましょう!

 

 

それでは、ひっさびさに勝ちパターン発生予測を投稿します。

 

 

20200106 勝ちパターン発生予測

 

20200106 勝ちパターン順位表

 

 

 

1月6日週の戦略

 

 

12月からだいぶ様相がかわってきました。

 

現在一番勢いのあるのはカナダドル

スイスフランも12月とくらべると強くなりました。

 

弱い通貨ではポンドが一気に落ちましたが、現在の市場テーマから一時外れている感じがします。

オセアニアも一時期の勢いがなくなってきました。

 

年初のアメリカと中東のニュースでドルが売られていますね。

原油価格もはねあがり、相関性が強いといわれているカナダドルも伸ばしてきています。

 

今週の戦略としては

 

ドルカナダドルが私の思っていた1.3040~1.3020付近のゾーンを下抜けてきたので売りを検討したいと思います。

 

オセアニア勢の戻りをねらってクロス円でショートもいいかと思っています。

 

 

ニュースでどう動くかわからないので、迷ったらスルーで

まずは月曜の市場オープンを待ちましょう。

 

 

 

 

それでは本年もよろしくお願いいたします。

カテゴリー
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ