デング熱にかかりました!

目安時間:約 4分

投稿が空いてしまいました。

実はといいますと、10日間ほどデング熱で入院してしまっていたのです。

 

デング熱 (wikipediaより引用)

(デングねつ、まれにデンゲ熱とも、: dengue fever, breakbone fever)とは、デングウイルスが原因の感染症であり、熱帯病の一つである。吸血活動を通じてウイルスが人から人へ移り、高熱に達することで知られる一過性の熱性疾患であり、症状には、発熱頭痛筋肉痛関節痛はしかの症状に似た特徴的な皮膚発疹を含む。

 

もう大変でした。

突然40度の高熱が出たので病院へいき点滴をうったのですが、

いっこうに熱が下がらない。

それどころか身体中の関節と言う関節、体中の骨という骨すべてが痛い!

 

寝て身体を休めるといった状態ではなく

高熱でうなされ、痛みに耐えかねて半ば失神気味に意識を失う状態でした。

 

そして熱が5日間くらい続き、ようやく熱が下がると同時に血小板の数値が検査のたびに下がっていきます。

健康な人は15万~25万くらいの数値らしいのですが、3万まで下がっていました。

 

血小板ってなんのためにあるのかよくわかってなかったのですが、少ないと出血しやすくなったり血が止まらなくなるみたいです。

私の場合も服を着ているところの皮膚が赤く内出血をしているのがわかるくらいです。

指で少し押すとそこが内出血で赤くなります。

 

そこまで5日間くらい食事もろくに取れていなかったのですが、

 

「これはヤバイ!」

 

と思い、食べたくもない病院食を食べはじめました。

知り合いに御願いしてうどんを買ってきたりしてもらい無理やり食べるようになってからは血小板も好転し

その後4日くらいで退院することができました。

 

同じくデング熱にかかった人たちが一様に言うには

 

「インフルエンザが軽い病気に思えるくらいキツイ」

 

だそうです。

私もそう思いました。

(インフルエンザも重い病気なので甘く見てはいけませんよ!)

 

しかも今思い返せばですが、

入院したときに医者から

 

「ちゃんと治療をすれば治ります。致死率は3%程度と低いから大丈夫!」

 

って言われて高熱だったこともあり、「そうなんだ」と思っていたのですが

致死率3%って33人に1人は亡くなるってこと?

けっこうな比率ではないかと思い、今更ながら怖い病気と実感しました。

 

残念ながらワクチンでの予防やウイルスを直接治療する薬はまだないみたいです。

私の場合も点滴での水分補給と解熱鎮痛剤の投与くらいしか病院ではやっていません。

 

私の住む地域は南国で年中あたたたく、蚊も年中身の回りにいます。

虫除けなど携帯し、あまり刺されないように注意をしたいと思います。

 

日本でも近年デング熱が話題になっていたりしてますね。

まだ肌寒い時期かと思いますので大丈夫かと思いますが、

皆様もお気をつけください。

 

休みの間の成績についてはまた後ほど

 

では

カテゴリ:未分類  [コメント:1]

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] この後、この週末から入院となってしまいましたが デング熱にかかりました! […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
カテゴリー
オススメ!

★イチオシ商材!

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(アドバンス)

鹿子木式 FX勝ちパターントレード講座(ベ―シック)

ベーシック講座では勝ちパターン1~7を、アドバンス講座では8~10を学ぶことができます。

まずはベーシック講座で鹿子木式FXの基礎をみっちりと学び、8~10で爆発的な利益を産む方法を学んでください。

シンプルで、普遍性があり、再現性のあるFX投資法です。「実践されている方々の声」に私も登場しますのでぜひ確認ください。

★イチオシ海外FX口座

資金を有効に使うため、レバレッジ最大888倍、口座開設ボーナス、初回入金ボーナスありのXMをご検討ください。

こちらのバナーリンクから口座開設した方にはリピート系EAやインジケーターなどをプレゼント予定です。

★書籍でも学びましょう!

鹿子木氏待望の書籍出版!
これ一冊でも利益を増やすことができるのではないでしょうか? 大変におススメです!

Twitter でフォロー
フォロー&応援よろしくお願いします!
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。